株式会社日本デザインセンター

  • 会社案内
[業種]
総合広告制作会社
[得意分野]
雑誌/新聞/Web・デジタル/SP/イベント/PR/屋外・ディスプレイ/プランニング/プロデュース/クリエイティブ/その他
[募集職種]
コピー系デザイン系映像系

美意識とテクノロジーを両輪として本質をVISUALIZEする

どんなに技術が進み、メディアの様相が変わっても、ものごとの核心を明快にVISUALIZEするというコミュニケーション・デザインの基盤は揺らぎません。日本デザインセンターは誰よりも見事に可能性や潜在の領域にあるものをVISUALIZEできる会社でありたいと考えています。

社内イメージ1社内イメージ2

コミュニケーションに関与するあらゆる局面で、新しい職域に貪欲に飛び込める好奇心旺盛な方を求めます

私たちが考えるデザインとは、グラフィックだけにとどまるものではありません。物事の本質に迫る技術の1つであり、デザイナーは、平面から、立体、映像、空間まで、コミュニケーションに関与するあらゆる仕事の局面で求められています。また私たちが考えるコピーとは、広告のための特殊な言葉ではありません。物事の本質に迫る技術の1つです。コピーライターは、コミュニケーションに関与するあらゆる仕事の局面で求められています。私たちはこうした拡張・多様化する新しい職域に飛び込んでいける方を求めます。

柔軟な組織と活気ある環境

クリエイティブ部門は、担当クライアントと緻密な関係性をもとに企画立案を行う制作本部、専門領域やデザイナーの独自性を生かした制作研究本部、すべてのメディアに対応する動画・静止画・CGを制作する画像制作部の3部門からなり、またグラフィックツールに専門性を発揮する名古屋支社があります。これらは独自性を持ちつつも随時組織を超えてプロジェクトが編成され、活発なコミュニケーションが図られています。また海外研修、海外プロダクションへの研修出向をはじめ、100人以上が集えるオープンスペース「POLYLOGUE」では社内外を問わず多様なセミナーや交流会が開催されるなど活気ある環境です。外部賞への積極的な応募を促す支援制度もあります。

活動は世界に向けて

中国・北京には撮影・画像制作のスタジオ「北京和創図文制作有限公司」とデザイン活動を担う「北京大思広告有限公司」があり、これらを足がかりとして東南アジア地域で多様なデザインビジネスを展開しています。さらに、欧州・アメリカにも活動を広げていくことをめざしています。

会社概要

業務内容 
Web/App、カタログ/編集、動画、グラフィック、アドバタイジング、パッケージ、VI/エクスペリエンス、サイン計画、ブックデザイン、エキシビション/空間、プロダクト、観光/ソーシャル、ネーミングの企画・制作、デザイン関連のアドバイス・コンサルティング業務、以上に関連する事業全般を行う。

創業・設立・沿革
【創立】1959年。1960年、東京都中央区銀座で業務開始。

【沿革】1977年 名古屋支社を開設。
    2005年 中国・北京に北京和創図文制作有限公司を設立。
    2006年 NDCスタジオ(東京)を開設。
    2008年 NDCスタジオ(名古屋)を開設。
    2012年 本社を中央区銀座4丁目に移転。
          中国・北京に北京大思広告有限公司を設立。
    2013年 株式会社NDCアスタリスクを設立。
代表者
代表取締役社長 原 研哉
本社・事業所
東京本社  名古屋支社  北京事務所
関連企業
株式会社NDCアスタリスク 株式会社スタジオビッグ 北京和創図文制作有限公司 北京大思広告有限公司 株式会社エクスポート 株式会社エヌディーシー・グラフィックス
従業員数
244名
平均年齢
39.8歳
資本金
4,500万円
売上高
699,600万円
株式公開
  • 会社案内
  • マスコミ就活フェス18
  • 見逃し注意!【おすすめ】特別セミナー一覧
  • 【マスナビ限定】ジェイアール東日本企画のワークショップ
  • 【業界研究】ユニバーサルミュージック
  • 【全国開催!】元博報堂採用担当が教える!文章力向上セミナー

企業・採用担当の方

マスナビへの企業掲載や採用に関するお問い合わせはこちら

Instagram マスナビ会員限定 就活に役立つツール マスナビ会員特別割引 就活に役立つ雑誌・書籍 広告のやり方で就活をやってみた 『クリ活』広告クリエイターの就活本 ジブンと社会をつなぐ教室