株式会社日宣

[業種]
広告会社
[勤務地]
東京都
[得意分野]
プランニング/クリエイティブ
[募集職種]
営業系プランニング系デザイン系

クライアントは多種多様、提供するソリューションも千差万別

私たちは、クライアントとなる企業が抱える課題に耳を傾け、解決のためのソリューションをワンストップで提供しています。媒体の枠売りで利益を得るような、いわゆる“広告代理店”ではなく、ブランディング、コンサルティング、プロモーション施策など、クライアントに応じてさまざまアウトプットや手段をとることができる「コミュニケーションデザイン」を得意とする会社です。クライアントは事業規模や業種・業態も多様で、大手ハウスメーカーや全国のケーブルテレビ局、大手ファストフードチェーン、ベンチャーなど幅広い業界や企業にソリューションを提供しています。

社内イメージ1社内イメージ2社内イメージ3

時代のニーズに合わせ、進化をつづける

生活者を取り巻く環境の変化に合わせ、クライアントへ提供するソリューションも日々変わっていきます。たとえば、大手の住宅メーカーには、VR技術を活用したアクティビティや、体験型のシアタールームを提供しています。これらの事例は、ブランドからの一方的なメッセージではなく、ブランドと生活者の関係をデザインすることを目的に実現したものです。世の中が変化するにつれ、クライアントのニーズも多様になっています。日宣は広告という枠に捉われずに、課題解決のためのコミュニケーション戦略を提供する企業として、シーンに合わせた進化をつづけます。

自社メディアの運営という独自性

当社のもうひとつのユニークネスが自社メディアを運営していることにあります。全国100社以上のケーブルテレビ局の番組情報誌「チャンネルガイド」、ホームセンター向けのライフスタイルマガジン「Pacoma」、ドラッグストア向けのフリーペーパー「KiiTa」。これらの独自メディアを活用することで、クライアントへ幅広い課題解決の手段を提供可能にしている点が日宣の強みとなっています。

ルーキーの、ルーキーによる採用「NRプロジェクト」始動

新卒採用について、今期から新たなプロジェクトが立ち上がりました。日宣の未来を背負う“人事部以外の”若手社員たちが、ともに働く仲間を発掘するプロジェクト、それが「NISSEN ROOKIES PROJECT」(通称:NRプロジェクト)です。クライアントに日々向き合い、最適なソリューションは何かを考えている社員たちが、自分たちの会社に向き合い、見つめ直したときにたどり着いたひとつのソリューションが「採用」でした。従来の人事担当による採用活動ではなく、若手社員が企画立案をすることで、学生に寄り添う選考プログラムとなっています。会社説明会や面接にもプロジェクトのメンバーが参加します。

会社概要

■少数精鋭の“スペシャリスト集団”
各領域のスペシャリストが集結し、最小限のメンバーで最大限の成果を追求しています。広告「代理店」としての媒体の枠売りによる収益に頼らず、アイデアとクリエイティブを会社の価値としています。その価値の源泉は「人」。全員が当事者意識を持って日々の業務にあたっています。

■クライアントと“向き合わない仕事”
クライアントと向き合うのではなく、同じ理想を描いて、同じ方向を向いて、同じ歩幅で進むことが日宣のポリシーです。課題に答える為なら、手段は自由。コンサルティングから実制作まで、アナログからデジタルまで、仕事に制限はありません。

■創業70年の“老舗ベンチャー”
70年にわたり多くのクライアントのパートナーを務めています。これまで会社の歴史を支えてきたのは「変わり続けたい」という想い。「今までの当たり前」を疑い、年齢や役職に関係なく「でしゃばれる人」を応援する文化があります。

■主な事業領域
1)マーケティング戦略立案
コミュニケーションデザイン / 広告・プロモーション戦略開発 / セールスプロモーション / コンサルティング / 調査
2)クリエイティブ開発
グラフィックデザイン / コピーライティング / コーポレートアイデンティティ開発 / カタログ制作 / Webサイト制作 / ディスプレイデザイン / PR誌の編集・制作 / CM制作 / 動画制作 /タレントキャスティング / 各種広告デザイン
3)媒体発行
月刊ケーブルテレビマガジン「チャンネルガイド」の発行 / ホームセンター情報誌「Pacoma」の発行 / 豊かな暮らしをつくるWebマガジン「Pacoma」の運用 / ドラッグストア情報誌「KiiTa」の発行
4)媒体代理業務・媒体開発
各種媒体のプランニング・バイイング / ケーブルテレビ媒体のプランニング・バイイング / インターネット広告のプランニング・バイイング・運用・開発
5)印刷業務
カタログ / ポスター / パンフレット / カレンダー / セールスプロモーションツール / ノベルティ
6)プロモーション業務
イベント企画・運営 / ブース企画・設営 / 各種ショーディスプレイの設計・施工・運営 / サンプリング / プレミアム・ノベルティの開発・調達

創業・設立・沿革
1947年 4月 神戸市にて宣伝五洋社として創業
1963年 4月 事業拡大のため東京営業所を開設(文京区湯島)
1987年 7月 株式会社スピードシステムズを設立
1993年 3月 社名を株式会社日宣に変更 同時に東京本社を移転(千代田区神田錦町3丁目)
1996年 2月 月刊誌「ケーブルテレビチャンネルガイド」出版開始
1997年 6月 創業50周年
2000年 9月 東京の新社屋落成
2008年 3月 現代表取締役社長 大津裕司が就任
2010年11月 スマートフォンアプリ 電子番組表「テレビ番組欄」開始
2013年 1月 名古屋営業所開設
2014年 8月 株式会社ハル・プロデュースセンターをM&Aで取得
2016年 8月 日宣神田第2ビル落成に伴い東京本社を移転
2017年 2月 東京証券取引所JASDAQ上場
       資本金32,030万円に増資
2017年12月 上海メディア「上海SMG社」と業務提携
2018年 1月  VC「500startups」を通じてSmartHR社へ出資
代表者
代表取締役社長 大津裕司
本社・事業所
東京都千代田区神田司町2-6-5
関連企業
株式会社日宣印刷
従業員数
129名(2018年2月現在)
平均年齢
36歳
資本金
3億2,030万円
売上高
45億8,900万円(2017.2月期)
株式公開
JASDAQ上場(2017/2/16)
  • N&O Life
  • 【エントリー】サブロク
  • 【エントリー】ICOMM
  • 【エントリー】YUIDEA
  • 【エントリー】産業編集センター

企業・採用担当の方

マスナビへの企業掲載や採用に関するお問い合わせはこちら

Instagram マスナビ会員限定 就活に役立つツール マスナビ会員特別割引 就活に役立つ雑誌・書籍 『クリ活』広告クリエイターの就活本 ジブンと社会をつなぐ教室