株式会社電通パブリックリレーションズ

  • 会社案内
[業種]
PR会社
[勤務地]
東京都/大阪府
[得意分野]
PR
[募集職種]
プランニング系

PRの概念はわたしたちのシゴトがつくる

PR(パブリックリレーションズ)とは、アメリカで発達した概念で、「何かと何か」の「よい関係づくり」のことです。PR会社では「クライアント」と「世の中」がよい関係をつくれるよう、活動しています。

「よい関係づくり」のためには、広告を使ったり、パブリシティを行ったりと、どのような手法を使っても自由です。ただし、SNSが発達して世の中への情報の伝達方法が多種多様になった現代、どの手法が世の中のターゲットへより届き、広がるのかを把握して使う必要があります。
私たち電通PRは、常に世の中の動向や流行を捉えることで、より効果的な手法で「よい関係づくり」をすることを得意としています。また、企業、官公庁、業界団体や教育機関に至るまで国内外のクライアントが抱えるさまざまな課題を、第三者の目線で正確に把握し、商品・サービス、コーポレートブランディング・コーポレートコミュニケーション、危機管理などのクライアントのニーズに対して、コンセプトメーキングから関わり実行、目標とする成果を実現しています。


「PRの概念は私たちのシゴトが作る」-成功の法則がなく、日々進化し続けるPRの世界において、自ら考え、創り出していこうという気概を持って働いていきたい―そういう想いを持ち続けているのが、私たち電通パブリックリレーションズです。

社内イメージ1社内イメージ2社内イメージ3

毎年、国内外のアワードで実績が高く評価

私たちの仕事は、例年日本や海外で高い評価を受けており、2018年も国内外で以下のような複数のプロジェクトが受賞をしました。
<受賞例>
P&Gジャパン「家事分担をJOBからJOYへ」
・PR アワード・アジア 2018
・2018アジア・パシフィックSABREアワード
・IPRAゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンス2018
・2018グローバルSABREアワード

大和ハウス工業「名もなき家事」
・2018アジア・パシフィックSABREアワード
・IPRAゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンス2018
・PRアワード グランプリ2018

サクラパックス「熊本城組み建て募金」
・PR アワード・アジア 2018
・IPRAゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンス2018


など。

アワードでの第三者による評価は、当社のプランニング力の高さを証明しているものと考えています。今後も、クオリティの高いプロジェクトを手がけ、ソーシャルイノベーションの実現を目指して行きます。

また、このような海外での高い評価は、海外企業からのオファーが多数寄せられるという効果も生んでいます。海外の企業が日本で展開を始めるためのPR業務はもちろん、国内の企業が海外進出を考えるときの現地でのPRの企画・立案にも取り組んでいき、グローバルPRにも積極的に取り組んでいきます。

全社的に低い離職率

電通グループならではの、世界的イベントや多様なクライアントのシゴトに携わるチャンスも多い一方で、300名弱という社員数ゆえ風通しの良い雰囲気で、定着率も高いです。
新卒入社した社員のうち、3年目までの離職率は3.7%(2018年12月現在)と、全国平均(31.8%)を大幅に下回っています。また、全社離職率も3.88%(2018年12月現在)と、こちらも全国平均(14.9%)を下回っています。
2017年には東京、大阪ともにオフィスを移転し、より働きやすい環境づくりにも注力しています。

マーケティングPRとコーポレートPR、両方を得意とする総合的なPR会社

当社は、新商品やサービスを話題化させる「マーケティングPR」だけでなく、会社そのものの評判を管理する「コーポレートPR」も得意領域としています。そのため、クライアントの抱える問題や課題を多角的な視点から発見することができ、より高度なコンサルティングが出来ます。
両方の領域に強みを持つPR会社は国内では少なく、当社ならではの強みです。今後、よりコーポレートPR領域を強化して、クライアントへの総合的なPRサービスの提供を進めていきます。

2013年には社内の研究組織である「企業広報戦略研究所」を設立。独自調査や学識者との共同調査を通じて、広報活動や危機管理に関する実証的な研究や発表を行っています。当研究所の研究が、広報の発展に寄与することを目指しています。

会社概要

企業の商品・サービスを話題化させるための“マーケティングPR”や、企業の評判を高めるための“コーポレートPR”など提供するサービスは多岐にわたります。

<サービスメニュー一覧>
ブランディング、コミュニティ・リレーションズ、パブリック・アフェアーズ、マーケティングBtoB、マーケティングBtoC、ソーシャルメディアPR、デジタル・コミュニケーションズ、ヘルスケア、大学広報、グローバル・コミュニケーションズ、イベントマネジメント、PRツール制作、アドバトリアル、危機・イシューマネジメント、コンプライアンス、ファイナンシャル・コミュニケーションズ、CSR・サステナビリティ、レピュテーション・マネジメント、インターナル・コミュニケーション、メディアトレーニングを含むコミュニケーション・トレーニング、政策リサーチ、コミュニケーション・リサーチ、ソーシャルリスニング、報道状況分析を含む各種調査、その他総合PR業務

創業・設立・沿革
1961年 9月20日 「電通PRセンター」として創立
1964年      大阪支社(現関西支社)開設
1996年     「電通パブリックリレーションズ」に社名変更
2012年      本社を東京都中央区築地に移転
2017年 9月    本社を東京都港区東新橋に移転
   11月    関西支社を大阪市北区中ノ島に移転
代表者
代表取締役社長執行役員 畔柳一典
本社・事業所
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター35F
関連企業
電通、共同通信ピー・アール・ワイヤー、電通公共関係顧問(北京)有限公司
従業員数
282名(2019年1月現在)
平均年齢
40歳(2018年12月31日時点)
資本金
4,000万円
売上高
105億8010万円(2017年1月〜12月)
株式公開
  • 会社案内
  • 【イベント】マスコミ就活フェス
  • 【特別セミナー】オリコム
  • 【特別セミナー】コンセント
  • 【インターン】ブラビス
  • 【インターン】おすすめ一覧

企業・採用担当の方

マスナビへの企業掲載や採用に関するお問い合わせはこちら

Instagram マスナビ会員限定 就活に役立つツール マスナビ会員特別割引 就活に役立つ雑誌・書籍 『クリ活』広告クリエイターの就活本 ジブンと社会をつなぐ教室