株式会社日宣

[業種]
広告会社
[勤務地]
東京都
[得意分野]
SP/プランニング/クリエイティブ
[募集職種]
営業系プランニング系デザイン系

クライアントの経営課題をアイデアで解決する、総合広告会社です。

日宣は総合広告会社です。広告会社の売り物は、ものではなくアイデア。お客様の課題を解決するユニークなアイデアを考え出し、それを提案するのが日宣のビジネスです。お客様の課題は様々で、提案はブランド全体の戦略から1キャンペーンの設計まで多岐にわたります。もちろんアイデアだけでは終わりません。提案したアイデアを実現して、お客様の経営に貢献する、つまり企画から制作まで一気通貫で携わることのできるのが強みであり、特徴です。

社内イメージ1社内イメージ2社内イメージ3

幅広い事業領域を持ち、ソリューションも多種多様

私たちは広告事業だけでなく、出版、自社メディア、デジタル事業を持ち、携われる領域が広いことが特徴です。加えて、解決のためのソリューションもデジタルからアナログまで、縛られることなく幅広い提案が可能です。近年は、デジタルソリューション展示会「N/tec」を自社開催するなど、全社をあげてデジタライゼーションの推進に注力している会社です。

クライアントの懐深くに食い込む、当事者意識の強さ

「当事者意識を持つ」「自分ごと化して考える」が当社の社員に共通するマインドです。それゆえ、クライアントとの距離の近さはひとつの特色でもあります。飲食事業のクライアントを担当するチームであれば、実際に販売スタッフとして店頭に立ったこともあるほど。距離が近い分、クライアントからシビアな意見をいただくこともありますが、現場の意見を取り入れながら当事者目線で提案を考えようとするのは、職種に限らず全社に共通した精神です。

若手社員が自社の採用活動を推進する、風通しのよい環境

日宣では“人事部以外の”若手社員が中心となって採用活動を行う「NRプロジェクト」を発足しています。発案者も実行も若手社員が行います。学生に近い立場だからこそ、学生が求めているもの、興味を示すコンテンツに対する発想が膨らみますが、経営陣と同じ目線で会社を見るのは、若手社員にとってはまだまだチャレンジング。ですが、それを後押ししてくれる経営陣と積極的にディスカッションを交わし、戦略を進めていける風通しの良さがあります。

会社概要

■現状を打破するアイデアを、クライアントと同じ熱量で
現状を変えるアイデアを生み出すために、日宣には各領域のスペシャリストがいます。クライアントの課題に合わせてプロジェクトチームを組み、その専門性と、クライアントと同じ“当事者”の目線から、ソリューションを提供します。コンサルティングから実制作まで、アナログからデジタルまで、ソリューションに制限はありません。

■創業70年の“老舗ベンチャー”
70年にわたり多くのクライアントのパートナーを務めています。しかし同時に、変化と改革を続けるベンチャー気質な会社でもあり、「今までの当たり前」を疑い、年齢や役職に関係なく「でしゃばれる人」を応援する文化があります。

■「NRプロジェクト」で伝えたい日宣の空気
自社の採用活動をより良くしたいという思いから、若手が自ら考え行動したことで、“人事部ではなく若手社員が主導で行う採用活動”「NRプロジェクト」が発足しました。「ここを変えたい」「これが足りない」と感じることを発信し、改善しようとする社員と、手を差し伸べてくれる周囲の同僚や上司がいる。それが日宣という会社です。

■主な事業領域
1)マーケティング戦略立案
コミュニケーションデザイン / 広告・プロモーション戦略 / セールスプロモーション / コンサルティング / 調査

2)クリエイティブ開発
グラフィックデザイン / コピーライティング / コーポレートアイデンティティ開発 / カタログ制作 / Webサイト制作 / ディスプレイデザイン / PR誌の編集・制作 / CM制作 / 動画制作 /タレントキャスティング / 各種広告デザイン

3)媒体発行
月刊ケーブルテレビマガジン「チャンネルガイド」の発行 / ホームセンター情報誌「Pacoma」の発行 / 豊かな暮らしをつくるWebマガジン「Pacoma」の運用 / ドラッグストア情報誌「KiiTa」の発行

4)媒体代理業務・媒体開発
各種媒体のプランニング・バイイング / ケーブルテレビ媒体のプランニング・バイイング / インターネット広告のプランニング・バイイング・運用・開発

5)印刷業務
カタログ / ポスター / パンフレット / カレンダー / セールスプロモーションツール / ノベルティ

6)プロモーション業務
イベント企画・運営 / ブース企画・設営 / 各種ショーディスプレイの設計・施工・運営 / サンプリング / プレミアム・ノベルティの開発・調達

創業・設立・沿革
1947年4月 創業者大津健二郎が神戸市にて宣伝五洋社として創業
1953年4月 大阪駅前新阪神ビルに日本宣伝工業株式会社を設立
1963年4月 事業拡大のため東京営業所を開設(文京区湯島)
1984年5月 大阪本社を大阪本店:東京支社を東京本社と改称
1993年3月 社名を株式会社日宣に変更 同時に東京本社を移転(千代田区神田錦町3丁目)
1996年2月 月刊誌「ケーブルテレビチャンネルガイド」出版開始
1997年   創業50周年
2007年6月 プライバシーマーク取得
2008年3月 現代表取締役社長 大津裕司が就任
2010年11月 スマートフォンアプリ 電子番組表「テレビ番組欄」開始
2012年12月 創業65周年を機に新CIに変更
2013年1月 名古屋営業所開設
     6月 神田税務署より優良申告法人として表彰
2014年8月 株式会社ハル・プロデュースセンターの株式を取得し子会社化
2016年8月 日宣神田第2ビル落成に伴い東京本社を移転(千代田区神田司町)
2017年2月 東京証券取引所JASDAQ上場
2017年12月 上海大手メディア「上海SMG社」と業務提携
        VC「500startups」を通してSmartHR社へ出資
2018年12月 株式会社日産社の株式を取得し子会社化
代表者
代表取締役社長 大津裕司
本社・事業所
東京都千代田区神田司町2-6-5
関連企業
株式会社日宣印刷、株式会社日産社
従業員数
150名(2018年12月31日現在)
平均年齢
36歳
資本金
3億2,287万円
売上高
47億1,100万円(2018.2月期)
株式公開
JASDAQ上場(2017/2/16)
  • 【エントリー】ワンゴジュウゴ
  • 【エントリー】ラクーン
  • 【エントリー】ヴァリアスディメンションズ
  • 【内定を獲得した皆さまへ】
  • 【お知らせ】マスナビ、LINE@はじめました

企業・採用担当の方

マスナビへの企業掲載や採用に関するお問い合わせはこちら

Instagram マスナビ会員限定 就活に役立つツール マスナビ会員特別割引 就活に役立つ雑誌・書籍 『クリ活』広告クリエイターの就活本 ジブンと社会をつなぐ教室