株式会社日本デザインセンター【デザイナーおよびエディター/プランナー/ライター】

株式会社日本デザインセンター【デザイナーおよびエディター/プランナー/ライター】
ロゴ:株式会社日本デザインセンター【デザイナーおよびエディター/プランナー/ライター】
業種:
広告・映像制作会社
勤務地:
東京都、愛知県
得意分野:
雑誌、新聞、Web・デジタル、SP、イベント、PR、屋外・ディスプレイ、プランニング、プロデュース、クリエイティブ、その他
募集職種:
営業系、マーケティング系、クリエイティブ系、エンジニア系

デザイナー 中村さん

デザイナーを目指したきっかけは?

子どものころから、絵や工作が大好きでした。

母が昔、舞台衣装制作の仕事をしていたこともあり、頻繁に美術館に連れていってくれましたし、家の中には絵の具がたくさんありました。家や服を汚しても怒られることなく、いつでも自由にやらせてもらいました。うまく描けないときでも、「色がきれいだね」と母から褒めてもらえるのも嬉しかったですね。

美術大学でグラフィックデザインを専攻したのは、なんとなくです(笑)。ものづくりをしたいと思っていましたが、アーティストになる自信もなく、そうなるとデザイナーなのかな? という感じでした。

幼いときは、のびのびと感覚で絵を描けたのに、大人になるにつれ、絵の具を使うにも、「どの色にしよう?」といちいち迷うようになりました。その迷いについて、モヤモヤすることがあったんですね。その点、デザインは、見やすくするためにはどういう色を置けばいいのか、線の細さはどのくらいがよいのかなど、意識的にやるもの。優柔不断な性格の私には、デザインのほうがやりやすいかもしれない、と思うようになりました。

そうはいっても、就職はまったく考えていませんでした。大学院に進学するのか、留学するのか、卒業までの1年間でじっくり考える予定でした。ただ、以前から、原研哉や永井一正、それから三澤遥と、心から尊敬し、自分が作品をつくるうえで影響を受けた人たちが名を連ねる、日本デザインセンター(NDC)の存在は知っていました。チャンスがあるならと軽い気持ちで応募。まさか採用してもらえるなんて思いもよらなかったです。

選考中は緊張の連続で、どんなやり取りをしたのかほとんど覚えていませんが、最終面接で「本当に私でいいんですか?」と思わず確認したことだけは、記憶しています(笑)。結果的に、唯一応募した企業に入社しました。

就活用のポートフォリオはどのようにつくったか?

NDCの選考課題にポートフォリオがあり、10ページほどのポートフォリオを時間かけてつくりこみました。選考中にもらったアドバイスをもとに作品をブラッシュアップし、最後にもう1作品をプラスしました。「ほかにないの?」と聞かれるたびに、ああやっぱり数が少ないんだなと思い、焦りましたね。選考中は、もうとにかく必死で、あまり寝ていなかったと思います(笑)。

実際に入社して

優しくて穏やかな方が多いというのは、入社前に感じた印象そのままでしたが、仕事内容には少しギャップがありました(笑)。

先輩デザイナーと一緒に、百貨店の商品カタログやヴィジュアルデザイン、パッケージデザインを担当していますが、入社前にNDCに抱いていたアーティスティックなデザインとは異なるテイスト。いわゆる、商品を売るためにつくられたデザインに対して、最初は少し抵抗感がありました。文字の大きさ一つうとっても、私自身は豆つぶのような小さな文字を入れるのが好きなのに、読みやすさを考慮しなければいけません。

ですが、そのうち、商品が引き立つような色やレイアウトがわかるようになりました。工夫をする楽しさも覚え、逆に面白いかもと思えるようになってきたんです。

例えば、私自身、かわいいものはすごく苦手なのですが、「かわいい雰囲気で」と言われたときは、思い切ってゴテゴテでフリフリのかわいい洋服をたくさん見ました。そのなかから、自分のなかで使いこなせるデザイン要素を少しずつくみ取ることができるようになりました。

また、お客さまの様子を見ることができたことも大きかったです。昨年のクリスマスでは、ディスプレイデザインをしたウインドウの写真を撮る人たちの姿を実際に見ることができ、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

いままでで一番印象に残っている仕事は?

クリスマス商戦向けに制作した、百貨店のコスメカタログです。商品をどのように見せたら美しく、かつステキに見せられるのか、背景やレイアウトを考えました。

自分のアイデアがかなり採用されたうえ、思い描いていたように撮影を行うことができたので、紙面が完成したときには、感動しました。

休日の過ごし方は?

学生時代から変わらず、美術館へ行ったり、本屋でアートブックを眺めたりして過ごしていますね。私、アート以外にあまり興味がないんです(笑)。

社会人になって変わったことと言えば、休日の混んでいる時間にしか出かけられなくなったことです。

「ああ、(美術館が)空いていたら、もっときれいなのになぁ…」とモヤモヤしながら見に行っています。それでも、見逃すほうがもっと悔しいですから欠かさず通っていますが。本屋は、蔦屋書店に行くことが多いです。銀座では写真集を、代官山ではデザイン書などをあてもなく眺めるのが楽しいです。

あと、新しい商業施設などには、できる限り足を運ぶようにしています。やはり、最先端のものが集まっていますし、オフィスの近所にある銀座SIXや東急ハンズには、高い頻度で行っていますよ。特に銀座には海外のお客さま向けのものが多いので、日本っぽいものを求められたときにはよく参考にしています。

仕事はすごく大変なのでは、と覚悟していましたが、大丈夫(笑)。納期が立て込んだときは帰社時間が遅くなることもありますが、そんなに頻繁にないんです。クライアントの働き方改革が進んでいることも影響しているのかな、と個人的には思っています。

今後の目標は?

今は、カタログをはじめ、商業寄りのデザインワークがメインですが、将来的には、もっとアート寄りな、自由度の高いものもやってみたいなぁと思います。

空気のまわる様子など、現象などを追って表現する、弊社(NDC)の三澤遥のような作風に憧れます。学生時代から大好きなんです!

会社概要
Web/App、カタログ/編集、動画、グラフィック、アドバタイジング、パッケージ、VI/エクスペリエンス、サイン計画、ブックデザイン、エキシビション/空間、プロダクト、観光/ソーシャル、ネーミングの企画・制作、デザイン関連のアドバイス・コンサルティング業務、以上に関連する事業全般を行う。
創業/設立/沿革
■創立
1959年、1960年
東京都中央区銀座で業務開始。

■沿革
1977年
名古屋支社を開設。

2005年
中国・北京に北京和創図文制作有限公司を設立。

2006年
NDCスタジオ(東京)を開設。

2008年
NDCスタジオ(名古屋)を開設。

2012年
本社を中央区銀座4丁目に移転。中国・北京に北京大思広告有限公司を設立。

2013年
株式会社NDCアスタリスクを設立。
代表者
代表取締役社長 原研哉
本社・事業所
東京本社、名古屋支社、北京事務所
関連企業
株式会社NDCアスタリスク、株式会社VIG、北京和創図文制作有限公司、北京大思広告有限公司、株式会社エクスポート、株式会社エヌディーシー・グラフィックス
従業員数
268人(2020年6月末時点)
平均年齢
41歳(2020年6月末時点)
資本金
4,500万円
売上高
570,362万円(2020年6月末時点)
株式公開 有無

戻る