未来をもっと面白く

株式会社ENJIN (ENJIN TOKYO)

株式会社ENJIN (ENJIN TOKYO)

ロゴ:株式会社ENJIN (ENJIN TOKYO)
業種:
広告会社
勤務地:
東京都
得意分野:
テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、Web・デジタル、SP、イベント、PR、プランニング、プロデュース、クリエイティブ
募集職種:
営業系、マーケティング系、クリエイティブ系、その他
メッセージ
中澤純一さん
代表取締役社長/コミュニケーションデザイナー
メッセージ
生田太一郎さん/徳山彰一さん/増田有生さん/松崎壮吾さん
生田さん→アカウントサービスとしてTVCMやWEB広告、WEB施策、グラフィックを担当/ 徳山さん→アートディレクターのサポートとしてデザイン制作に携わる /増田さん→アカウントサービスとしてTVCMやWEB広告、WEB施策やプロモーション施策を担当 /松崎さん→アカウントサービスとしてデジタルプロモーションやリブランディングなどを担当

■何をやっているのか

人間の感性を意識した「マーケティング・プランニング」、「アイデアの創造」が強み

ENJIN TOKYOは、従来の「広告会社」の枠に収まらない、マーケティング分野、コミュニケーション分野のプロジェクトを幅広くプロデュースするコミュニケーションデザイン会社です。
マーケティングデータの上に画一的なロジックを組み立てる従来型のマーケティングプランではなく、更にその上に、人間の感性を意識した「マーケティング・プランニング」、「アイデアの創造」を心がけています。

■これまでの実績

国内外の著名な広告賞の受賞歴多数

IBA、ロンドン国際広告、ニューヨークフェスティバル、ACC、タイムズ・アジア・パシフィック、クリオ、クレスタアワード、カンヌ国際広告祭、日本パッケージ大賞、FWA、スパイクスアジア(インデペンデントエージェンシーオブザイヤーで2年連続第3位)、ペントアワード、PRSJ PR アワード、グッドデザイン賞など、数多くの受賞歴を誇ります。
東京近郊の大規模テーマパークのほか、世界初、ドローンが商品を運ぶPOPUPストアや、野村證券の「ファーストギフト」、セブン-イレブン・ジャパンのクリスマスケーキのキャンペーン「まっしろデコ」など世間の話題を集めた広告も多数手がけています。

■今後のビジョン

我々のビジネスは無限大

ENJIN TOKYOは、クライアントのエージェントとしてマーケティング計画の企画立案から広告・PR・プロモーションに至るコミュニケーション全領域の実施運営を行うブティックですが、マッキャンエリクソン(現マッキャンワールドグループ)の系列会社として設立された2007年の設立当初から、デジタル施策を有機的に組み込んだIMC(統合型マーケティングコミュニケーション)キャンペーンや、CI(コーポレートアイデンティティー)をはじめとしたブランディング領域、コンサルティング領域のビジネスまでカバーする数少ない広告会社として実績を積んできました。
当社はこうした経験を通じて、様ざまなクライアントの幅広い業種のマーケットに関わってきましたが、この貴重な経験を基に、近い将来、我々自身で新たな事業を起業することも視野に入れています。マーケティング / 広告事業を中核に据えつつ、さらに事業領域を拡大して行きたいと考えています。
 そもそも当社は、我々のビジネスとは即ち「アイデアの創造である」、「アイデアが枯渇しない限り、我々のビジネスは無限大である」と謳っています。
これまでは、クライアントの抱える問題を解決するアイデアの創造が私たちの主なビジネスでしたが、これからは、私たちの新たなビジネスを創造する為のアイデアも考えて行きたいと思います。
自由な発想で未来を想像し、次々に新しい何かを創造してまいります。

会社概要
従来の「広告会社」の枠に収まらない、マーケティング分野、コミュニケーション分野のプロジェクトを幅広くプロデュースするコミュニケーションデザイン会社。これからは「自社ブランド」・「自社オリジナル・コンテンツ」の開発など、周辺ビジネスの拡大を目指す。

IBA、ロンドン国際広告、ニューヨークフェスティバル、ACC、タイムズ・アジア・パシフィック、クリオ、クレスタアワード、カンヌ国際広告祭、日本パッケージ大賞、FWA、スパイクスアジア(インデペンデントエージェンシーオブザイヤーで2年連続第3位)、ペントアワード、PRSJ PR アワード、グッドデザイン賞など、受賞多数

HP:https://enjintokyo.com/
創業/設立/沿革
2007年7月 株式会社マッキャンエリクソンの100%出資により、株式会社猿人を設立
2010年7月 株式会社マッキャンワールドグループホールディングスの100%出資と同時に、
       社名を株式会社ENJINに変更
2012年7月 株式会社マッキャンワールドグループホールディングスよりMBO(事業譲渡)により独立。
       新たに株式会社ENJIN(同社名)を設立  
代表者
中澤 純一
本社・事業所
東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー
従業員数
55名 2019年12月現在
平均年齢
38歳
資本金
6070万円
売上高
非公開
株式公開 有無

アピール1

自由闊達・公明正大・思いやりのある社風が、質の高いアイデアを創造する。

ENJIN TOKYO の社是は、「おもしろい仕事。おもしろい会社」。
我々の「おもしろい」は、“面白おかしい”ということではありません。
“プロフェショナリズム”や“職人かたぎ”といった意味に近いかもしれません。
私たちの仕事には、クライアントを「おもしろい!」と唸らせるような高品質なアイデアがある。高いクオリティーでクライアントの抱える課題を解決し、成功に導く。「おもしろい会社だ!」と、周囲から尊敬と羨望を集める。そして私たちは、プロとしての達成感を享受する。
これがENJIN TOKYO の標榜する、「おもしろい仕事。おもしろい会社」です。
 しかしながらこれを実現することは簡単ではありません。
社員ひとり一人が常に自分を磨き、チームの仲間と切磋琢磨し、協調し、協力し、健全な成長を遂げていることが必要です。そして何より必要なものとして、「質の高いアイデア」が挙げられます。質の高いアイデアが、良質な仕事の核になるからです。
良質なアイデアというものは、良質な環境の中でしか生まれないと確信しています。
植物から良質な果実を得るために必要なものは、先ず第一に、肥沃で良質な土壌が必要なのと同じです。
当社の考える良質な環境とは、「自由闊達・公明正大・思いやり」のある社風に他なりません。

アピール2

「アートするマーケティング」で、人を動かす。

過去は過去。過去に起こった出来事をどんなに調査・分析しても未来を予測することは不可能です。時々刻々と移り変わるマーケットを注意深く観察し的確に対応する事が重要です。ですが、それでも未来を予測することは不可能であると考える当社は、ビジネスの成功の為には、「未来の需要そのものを創造すべき」と考えます。
 過去・現在の消費者ニーズを探りその延長線上に未来を予測しようとするだけではなく、人を行動へ駆り立てるディマンド(渇望・欲求)そのものをクリエイトするマーケティングを当社は目指しています。これが「アートするマーケティング」です。
 したがって当社は、観察力・分析力・想像力・クリエイト力(創造力)といった様々な能力を必要としており、結果的に、画一的ではない十人十色な人間集団の形成を目指しています。幅広い個性や、いろいろな能力を持ち合わせた雑多な集団は、とても魅力的な集団になるのではないでしょうか。

応募資格
2021年3月(海外の大学在学籍者は2020年4月~2021年3月)卒業、修了見込みの4年制大学生または、大学院生の方
仕事内容
アカウントサービス(営業)、アカウントプランニング、アートディレクション、コピーライティング、デジタルプロデュース、デジタルプランニング、PRプロデュース

※ENJINの社員は、各々、ベースとなる職種にて経験を積んだうえで、「職種にとらわれずに、自由闊達に業務を遂行するべき」という企業理念のもと、様々な分野に活躍の幅を広げています。
求める人物像
アントレプレナー(起業家)精神を持ち、自らプロジェクトを創造、企画立案から実施までの全てをプロデュース出来る人が理想像。トラディショナルなコミュニケーションアプローチのみに留まることなく、デジタル、ソーシャルメディア、インタラクティブを通じたコミュニケーションに関する知識を有する方。人に、社会に、自分に誠実な人。
選考スケジュール
エントリー→書類選考→1次選考(面接)→2次選考(面接)→適正試験→健康診断→内定

エントリーシートは、2月28日(金)よりマイページよりダウンロードができるようになります。
エントリーシートをダウンロードの上、所定の宛先へ期日までに郵送にてご提出ください。

【エントリーシート締切】
2020年4月6日(月) 12:00必着
初任給240,000円 大卒 ※残業代別途支給
初任給240,000円 大卒 ※残業代別途支給
諸手当
時間外労働手当、通勤手当、役職手当、退職金制度他、ベネフィット・ワン加盟(福利厚生制度)
賞与
会社業績により支給するインセンティブ制度有
雇用形態
正社員
勤務地
東京都
勤務時間
9:30~18:30(所定労働時間:8時間)
休日休暇
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始(12/30-1/4)、年次有給休暇:勤務年数に応じ11日~25日(初年度10日)、夏季休暇:5日、特別休暇:慶弔休暇
保険
社会保険/健康保険(東京広告業健保)・厚生年金保険・雇用保険・労災保険・任意労災保険(費用会社負担)・福祉団体保険(費用会社負担)
採用予定人数
若干名
採用実績
2014年 4人
2015年 1人
2016年 2人
2017年 4人
2018年 3人
2019年 4人
2020年 3人
採用実績校
早稲田大学、中央大学、青山学院大学、多摩美術大学、東京芸術大学、武蔵野美術大学、慶応大学、横浜国立大学、同志社大学、日本大学、明治大学、法政大学、国際基督教大学、お茶の水女子大学、女子栄養大学、神奈川大学、神戸大学、近畿大学、京都繊維工芸大学、関西外国語大学、東北芸術工科大学、オレゴン大学、カリフォルニア州立大学、他
※現社員の出身校
直近3年事業年度の新卒採用者数・離職者数
新卒採用数(4)名   / 離職者数(0)名 2017年度
新卒採用数(3)名   / 離職者数(0)名 2018年度
新卒採用数(4)名   / 離職者数(0)名 2019年度
研修の有無および内容
有  内容(社外セミナー:広告の基礎/社会人マナーなど  社内セミナー:社会人マナー/現場社員による研修)
メンター制度の有無
有  内容(OJT)
キャリアコンサルティング制度の有無および内容
有  内容(年に2度、代表、上長、人事などによる、キャリア(現状、将来設計など)相談の場を設けている。それ以外でも、随時相談を受け付けている。)
前年度の月平均所定外労働時間の実績
( 29.5 )時間