未来をもっと面白く

株式会社メトロ アド エージェンシー

株式会社メトロ アド エージェンシー

ロゴ:株式会社メトロ アド エージェンシー
業種:
広告会社、メディア
勤務地:
東京都
得意分野:
テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、Web・デジタル、SP、イベント、PR、屋外・ディスプレイ、プランニング、プロデュース、クリエイティブ
募集職種:
営業系、マーケティング系、クリエイティブ系、エンジニア系、その他

媒体本部 媒体販売局 車両メディア部 荒川 陽夏さん

今の仕事をしたいと思ったきっかけは?

もともと広告やテレビといった、いわゆるマスメディア系に興味を持っていました。ですが、正直言って「なんだか楽しそうだな」といったすごくざっくりとしたイメージ程度しか持っていませんでした。

就職活動を進めるなか、面接で「最近、気になった広告は?」といった質問を受けますが、 はじめは応募企業が手がけた広告を調べ、それを面接で話すという有り様。もともと関心を持って見ていないのが、やはり伝わってしまうのか、なかなか先に進めない時期が続きました。

ですが、交通広告に関しては、自然と出てきたんです。しかも即答でした(笑)。

電車に乗ったときに見かけた立体物のステッカーや、切り抜きの中づりなど。自分がおもしろいな、と思っている広告を次々と話せました。それだけに、メトロアド エージェンシーの面接で、「いつも意識しているんだね」と言ってもらえたのがすごく嬉しかったですね。

これまで特に意識していなかったのですが、交通広告は、私の生活に身近なものだったと気づき、仕事として携わりたいと思いました。

実際、仕事をしてみてどうでしたか?

入社する前は、「広告を作りたい」という気持ちが強かったのですが、今の部署は、どちらかというと、上がってきた企画をいかに実現化させるかというのがミッション。はじめは難しそうだなと思いましたが、すごくおもしろいです。

鉄道業務は、お客さまを安全に輸送するという大前提があります。中づり広告ひとつとっても、安全面などの審査基準はかなり厳しいです。ですが、話題になるのは、やっぱり派手なものが多いですよね? そこのバランスをどう取っていくのか、というところで、東京メトロ本体と営業の間に入り、日々交渉や調整を行っています。

私はまだ2年目ですが、1年目から複数の媒体管理を担当させていただいています。

1年目は車内のステッカーやドア横ポスター、2年目では中づりを担当しています。いずれも東京メトロ車両全体にかかわる、やりがいのある仕事です。任される裁量も大きいですが、もちろん、「ひとりでやってください!」と突き放されることはないです(笑)。

必ずサポートしてくれる先輩や上司がいる体制なので、フォロー体制は万全。安心してチャレンジできる環境で、あまりつまずくことなく、スムーズに仕事を進めることができました。

今まで一番印象に残った仕事は?

2019年東京マラソンの仕事です。マラソンランナーのゴールタイムと直筆コメントを、東京メトロの中づり広告で掲出するという企画がありました。私は媒体担当として参加。

ゴール直後のランナーに書いていただいた自筆コメントをその場でチェックし、掲出可否を判断しました。

一生懸命、走って帰ってこられたランナーのみなさんの思いを、できるだけ多く掲出したいところですが、公共の交通機関ゆえの厳しい審査基準もある。そんな葛藤に加えて、審査を正しく、瞬時に行わなければならないプレッシャーも・・・。

通常業務でしたら、先輩社員に気軽に相談できますが、別テーブルに先輩がいても、基本はひとり。事前に審査規定を覚え、覚えきれないところはメモをつくるなど準備。時期もちょうど1年目の終わりころでしたので、この1年間で得た知識や経験の集大成だという思いで臨みました。

今後、チャレンジしたい仕事はなんですか?

イベント列車や車内で飲食できるような展開など今までにないことを、安全性もクリアにしながら、現実化させていけたらいいなと思っています。

鉄道系の広告会社として、旅客を安全に輸送することが大前提。そのうえで私たちの仕事がなりたっていることは常に頭の片隅においていますし、それが強みだと自覚しています。

今の部署での目標としては、もっと特殊展開事例を増やしていきたいなと考えています。

最近ですと、「車内の中づりで布団を吊りたい」というご要望を実施させることができました。

お布団が落ちたり、破けて中身が飛び出ないかなど、クライアントに十分な策を練っていただいたうえで、東京メトロ本体と交渉。安全性が確保できたため、実施に至りました。その結果、TwitterなどSNSに多数取り上げられたのは嬉しかったですね。

最初からできないとあきらめず、どうやったら現実化できるかを探りつつ、今後もチャレンジしていきたいです。

最後に学生へメッセージをお願いします

私はアニメやゲームが好きなのですが、ただ好き、だけで終わらせるのではなく、なにかしら自分とつなげられないか、考えながら日々行動していました。

たとえば学生時代の、キャラクターショーのMCのアルバイト。もともと人前で話すのは苦手ですし、グイグイ前に出ていくタイプではありませんが、好きなことに関しては自分の殻を破ってみたいという思いがあり、MCのアルバイトに挑戦しました。

それを就職活動では、自分が好きなこと・夢中になったことに関して「好きの思いだけでなく、それに対してどのような行動をとったのか」を具体的に伝えたことが良かったのかなと今になって思います。

創業/設立/沿革
2007年02月05日 設立
2007年04月01日 営業開始
2008年06月14日 Tokyo Metro Vision (TMV)の販売開始
2009年03月13日 ISO/IEC 27001:2005認証取得
2009年10月01日 M Station Vision(MSV)の販売開始
2010年11月13日 iPhone版アプリケーション「メトロタッチ」公開
2011年10月01日 広告指定代理店8社から12社に追加変更
2013年04月15日 Metro Concourse Vision(MCV)の販売開始
2018年03月23日 第1回「Metro Ad Creative Award」贈賞式 開催
2018年04月16日 銀座レトロビジョン(GRV)の販売開始
2018年09月19日 「URBAN LIFE METRO」Web版で復刊
代表者
代表取締役社長 肥後 謙一
本社・事業所
東京都港区西新橋一丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル 
従業員数
379名(2019年10月1日現在)
平均年齢
40.0歳
資本金
5,000万円
売上高
19,774百万円(2018年度)

戻る