未来をもっと面白く

株式会社電通テック

株式会社電通テック

ロゴ:株式会社電通テック
業種:
広告・映像制作会社、コンサルティング・マーケティング、SP・イベント会社
勤務地:
東京都、愛知県、大阪府
得意分野:
Web・デジタル、SP、PR、プランニング、プロデュース、クリエイティブ、その他
募集職種:
営業系、マーケティング系、クリエイティブ系、エンジニア系、その他

第2アクティベーション事業部 T.T.さん

今の仕事を選んだきっかけは?

現在、プロデューサーとして通信会社や、商業施設を運営するクライアントを担当しています。

高校生の頃から携帯電話が大好きで、携帯端末の開発を目指して進学を考えたほど。

その後、家電量販店で携帯電話の販売を担当していた時に、季節ごとのキャンペーンのたびにポスターやPOPなどが当社から送られてきていました。その時に社名がインプットされたんです。

お客様が店頭のキャンペーンツールを見て来店したり、購入したりする様子を見るうちに、もっと大きな仕事がしたくなって今の仕事と出会いました。

電通テックにはたくさんの取引先があるけれど、縁あって現在までずっと通信業界に携わって来られたことは、嬉しい限りです。また、これまでの社会人経験の中でお客様に接することが好きだったという点は、今の仕事に役立っていると思います。

どんな点に仕事のやりがいを感じますか?

キャンペーンやプロモーションイベントなど、自分が手がけたプロモーションが北海道から沖縄まで、全国で行われていると思うと、とても感慨深いですね。

あるとき、通信会社のキャンペーンでイベントプロモーションの企画を提案したことがありました。

キャンペーンの仕組みづくりから、ライブイベントやツール制作をゼロからプランニングし、クライアントに提案、決定した案で進行していく。半年以上の準備期間を経て当日を迎えたら、全国からお客様が来場し、ライブ演奏が始まると同時に会場全体が一つになりました。

あの時の、お客様たちの喜ぶ顔は忘れられません。

また、この仕事をしていく上では、同業他社との競合は避けられません。コンペティションにて、メンバーでアイディアを絞り出してまとめた企画が決まった際に、これまでの努力がクライアントに「認められた」と感じます。

そして、実作業に入り、企画したアイディアが実現していくことで、また一つ認めてもらったと感じられます。さらに最終的な実施段階でプロモーションに触れる生活者にも認められる。その3つが揃った時が一番嬉しいですね。

今後はどのような仕事をしていきたいですか?

近年では、プロモーション領域の中でデジタルが占める割合が大きくなってきています。クライアントからもデジタルツールを活用したいという要望が増えています。

電通テックにはデジタルプロモーションを専門とする部署もありますが、自分自身でももっと学んで、ビジネスチャンスを増やしたいと考えています。

当社の社内研修では最新の情報や知識を学ぶことができ、スキルアップに向けての環境が充実していますので、デジタルだけに留まらず、あらゆるビジネススキルを学んで、自己成長に役立てていきたいと思っています。

また、自分自身がクライアントと接する中で得たノウハウを若手社員に引き継いでいくことも大切だと考えています。


就活中の学生にメッセージをお願いします

広告業界にはさまざまな会社がありますが、その中でも電通グループは大企業との取引が非常に多く、規模の大きな仕事が多数あります。

大規模な仕事に取り組むのは、もちろん大変な部分もあり、時には自分のキャパシティを超えそうなこともありますが、同時に自分の限界を乗り越えた時には自分自身の成長を実感できるはずです。

自分だけの力で超えられないことがあっても、社内には教えてくれる人や手助けをしてくれる人がたくさんいますから、安心してください。

電通テックは、プロジェクトが完了するたびに成長できる会社だと思います。しかも仕事はやりがいがあって楽しい。

現場に出かけると、お客様のたくさんの笑顔を見ることもできるし、私もそうした経験を積み重ねてきました。自分が仕事をする中で身につけてきた知識や経験は、これから一緒に働く若手社員に伝え、その成長を支えていきたいと考えています。

創業/設立/沿革
1996年(平成8年)4月、電通グループの広告制作会社である電通アクティス(東京)、電通プロックス、電通コーテック、電通アクティス(大阪)の4社が合併して電通テック創立。

97年9月に株式を店頭公開(現:ジャスダック上場)。06年3月、株式を上場廃止。同年4月1日、株式交換契約により電通の完全子会社となる。

2014年10月に本社を現在の所在地に移転。2017年1月、プロモーション領域における成長戦略を加速させるため事業再編を行い、株式会社電通のイベント&スペース・デザイン局と電通テックのイベント&スペース関連部署を統合し、これまでの電通テックを「株式会社電通ライブ」に改組改称。また新たに「株式会社電通テック」を設立。

代表者
代表取締役社長執行役員 松原 靖広(まつばら やすひろ)
本社・事業所
■本社
〒100-8508 東京都千代田区内幸町1-5-3 新幸橋ビル

■新橋オフィス
〒105-0004 東京都港区新橋1-9-5 新橋M-SQUARE Bright 9~11F

■関西支社
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-33 大阪三井物産ビル 6F

■中部支社
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-25-3 大橋ビル7F
関連企業
株式会社電通リテールマーケティング
株式会社電通カスタマーアクセスセンター
株式会社電通オンデマンドグラフィック
株式会社マイデータ・インテリジェンス
従業員数
876名(2020年1月1日現在)
資本金
10憶円
売上高
860億円(2018年12月期単体)
株式公開 有無

戻る