未来をもっと面白く

株式会社電通クリエーティブX(クロス)

株式会社電通クリエーティブX(クロス)

ロゴ:株式会社電通クリエーティブX(クロス)
業種:
広告・映像制作会社
勤務地:
東京都、大阪府
得意分野:
テレビ、雑誌、新聞、Web・デジタル、プランニング、プロデュース、クリエイティブ、その他
募集職種:
クリエイティブ系、エンジニア系、その他

デザイナー 飯塚朋未さん

デザイナーを目指したきっかけは?

照明デザイナーの父親の影響で、幼少期から漠然とデザイナーになることを意識していました。デザイナーが明確な目標になったのは高校生のとき。「世の中が認めてくれる人になりたい」「絵を描くことが好きだから仕事に活かしたい」と思い、美術大学で専門的な技術や知識を身に着けました。

就活では、メーカーのデザイナーになるか、広告制作会社のデザイナーになるか、とても悩みました。しかし、広告制作のほうが実際に「自分の手でつくっている」という感覚に近いのではないかと思い、クロスに入社を決めました。現在は、お菓子やスポーツなど、さまざまな案件に携わっています。

いままでで一番印象的なお仕事は?

学生時代から好きだった、マラソンに関わるお仕事です。特に、以前から応援していた選手が自分のデザインしたゴールテープをくぐって新記録を出したことは、今でも印象深いエピソードのひとつです。

私は、箱根駅伝のポスターを自主制作し、就活時のポートフォリオに入れるほどマラソンが好きだったのですが、「好き」をアピールしたことで、実際の仕事につながりました。大学時代は、作品をポートフォリオサイトで公開したり、紙で持ち歩いたりしていました。採用試験のときのインパクトが強かったのか、クロスの社員からは「駅伝の子」なんてニックネームで呼ばれたりもしました(笑)。入社前から意識的に「好き」を発信していたことが、チャンスを掴むことにつながったのだと思います。今後も、形にとらわれずに自ら発信することを大事にしたいです。

今後の目標は?

ブランドの「顔」となる象徴的なグラフィックをつくりたいです。「このブランドといえばこれだよね」と認識してもらえるロゴ、柄、色づかいなどを手がけ、誰もが知っている有名デザイナーを目指します。

創業/設立/沿革
1943年:
当社の原点であり、日本初のCMを制作した株式会社電通映画社が設立

1988年:
商号を株式会社電通プロックスに変更。グラフィック広告・イベント領域へ事業拡大

1996年:
株式会社電通プロックス、株式会社電通コーテック、株式会社電通アクティス東京、株式会社電通アクティス大阪の4社が合併し、株式会社電通テックを設立

2009年:
クリエーティブコンテンツ制作事業に特化する会社として、株式会社電通テックより事業分割にて株式会社電通クリエーティブXを設立

2010年:
株式会社電通クリエーティブX関西支社を設立

2011年:
株式会社電通テックから株式会社電通へ100%資本異動

2019年:
Dentsu Craft Tokyoを発足

2020年:
株式会社電通の純粋持株会社体制への移行に伴い、株式会社電通から株式会社電通グループへ100%資本異動
代表者
代表取締役社長 兼藤 佳行
本社・事業所
東京本社/関西オフィス/中目黒オフィス(Dentsu Craft Tokyo) 
関連企業
従業員数
389名(2019年4月1日時点)
平均年齢
36.6歳
資本金
1億円
売上高
非公開
株式公開 有無

戻る