東京カレンダー株式会社

東京カレンダー株式会社
ロゴ:東京カレンダー株式会社
業種:
メディア
勤務地:
東京都
得意分野:
雑誌、Web・デジタル
募集職種:
営業系、クリエイティブ系

何をやっているのか

都会の大人に向けた東京のリアルなライフスタイルを提案

当社は、「都会の大人」に向けたライフスタイルメディア「東京カレンダー」を企画・運営しています。月刊誌やWebメディアを通じて日々発信するハイエンドな世界観やエッジの効いたコンテンツは、都会の大人に広く支持されています。東京にローカライズされたメディアながらも、大きな影響力を持つブランドとしてその存在感を示し続けています。

また、体験までをサポートする各種サービスも積極的に提供。メディアの枠を超え、独自のポジションでエンターテインメントビジネスを展開しています。

歴史のあるメディアでありながらも、チャレンジングな展開を続ける当社の文化はスタートアップ企業そのもの。つまり、確立したブランドを使って、チャレンジングなビジネスが行える環境です。

これまでの実績

メディアの枠を超えた独自のビジネス展開で、圧倒的なブランドを確立

2001年に創刊した月刊誌『東京カレンダー』。独自の視点で切り取った東京の上質なグルメ情報は、多くのファンに支持されてきました。2015年からはWebメディアをリニューアル。小説・エッセイなどの特徴的なコンテンツが話題を呼び、ローンチ直後からアクセス急増。雑誌ブランドを持つWebメディアでは最も影響力を持つサイトの一つにまで成長しました。

さらには、イベント運営(現在はオンラインのみ)や動画コンテンツの制作、マッチングアプリなどの各種ネットサービスを開始。そのアグレッシブなコンテンツ展開はさまざまな業界から注目されるとともに、首都圏を中心としたユーザーから絶大な支持を集める存在となっています。

グルメ、小説、動画、サービスと一見すると脈絡のないように見えますが、一貫した世界観の中に展開されることで「東京カレンダー」ブランドの存在感を高めているのが特徴です。長らく続く出版不況や昨今のコロナ禍の中にあっても、着実な成長を続けられるポイントとなっています。

今後のビジョン

あなたの人生をもっと艶やかに。そのために当社ができること

「東京カレンダーの世界観に触れてもらうことで、その人の人生を少しでも艶やかなものにしたい」当社は、そのような思いでコンテンツ制作やサービス提供に日々邁進しています。なぜなら、ポジティブで努力家で、仕事もプライベートも活動的な東京カレンダーのファンが元気になることは社会の活性化につながると信じているからです。それと同時に私たちもファンにとってポジティブな存在であり続けたいと心から願っています。

そのような当社が今後目指すのは、読者・ユーザーの人生に沿った「メディア+サービス」のさらなる展開です。月刊誌から始まった東京カレンダーのビジネスですが、メディアとしてのコンテンツも幅を広げ、各種サービスを手掛けるまでになりました。今後は、性別や世代、ライフステージも異なる東カレファン対し、各々にとってのワンランク上の大人の世界を価値訴求すべく、情報発信だけでなく体験までをトータルでサポートできる存在を目指したいと考えています。

創業/設立/沿革
2006年10月 フューチャーアーキテクト株式会社の子会社として、グループ内ベンチャー事業を行うザクラ株式会社を設立
2012年 1月 株式会社ACCESSの子会社である株式会社アクセス・パブリッシングより、月刊誌『東京カレンダー』(2001年創刊)を主とした事業を承継。社名を「東京カレンダー株式会社」に変更。
2014年10月 月刊誌『東京カレンダー』をより豊かで刺激的な“グルメライフスタイル”誌としてリニューアル
2015年 2月 東京カレンダーWEBをリニューアル
2018年 4月 マッチアラーム社を吸収合併し、経営統合
代表者
代表取締役 菅野祐介
本社・事業所
東京都品川区大崎1-2-2
関連企業
フューチャー株式会社
従業員数
65人(2021年4月現在)
資本金
5000万円

アピール1

コンセプトを大切に、課せられたメディアの使命を果たす

月刊誌が創刊した当初に掲げた「貴方の手帖を東京の素敵な思い出で埋め尽くしたい」というコンセプトは、発信するコンテンツの幅を拡げ、形を変えてきた現在も脈々と受け継がれています。

東京カレンダーのファンは、東京の最先端トレンドを謳歌している、アッパーな都会のインフルエンサーたち。人一倍頑努力し、エネルギッシュで、ビジネスシーンでも遊びでも手を抜かず楽しもうとする魅力的な人たちです。それらの人々が求める「体験型コンテンツ」を、読者の利用シーンに最適化した形で、企画・提案し続けています。

読者の声に耳を傾けながらも、既視感のない、深く届くエッジの効いたコンテンツづくりが当社の特徴。その結果としての反響を肌身で感じながら次の仕掛けづくりに活かしていけることが仕事の醍醐味でもあります。

アピール2

科学的なアプローチで確実にコンテンツを読者に届ける

コンテンツの編集や制作は非常にクリエイティブな作業ですが、ニーズのないコンテンツを放り込んだところで、価値を生み出すことはできません。つまり、届けるべきは、ロジカルな狙いを持ったコンテンツである必要があるわけです。また、日々のビジネス環境の変化に合わせて、コンテンツそのものをスピード感を持って変化させていく必要があります。

当社が所属するフューチャーグループのITノウハウを活用し、コンテンツの検証・改善や、ビジネス展開に合わせたスピーディーな対応が可能となるプラットフォームを自社で開発・保有しており、差別化につながる大きな強みとなっています。

アピール3

ビジネスを作り出す文化、壁や遠慮のない組織があなたの総合力を高める

当社では、営業のスペシャリスト、コンテンツのクリエイター陣、サービスの企画運営者が集まり、その中で多岐にわたるビジネスやチャレンジが日常的に生み出されていきます。常に流動的なビジネス環境の中で、部署をまたがり一丸となって新しい企画を考え、読者や広告主に向けた付加価値のあるコンテンツやサービスを制作・開発しています。

一つひとつの企画には、思いつきではない確かな狙いがあり、結果を残すまでの過程においては、ビジネス企画力、マーケティング力、業務遂行力(営業・編集)、分析力、課題解決力のすべてが各場面で求められます。当社の特徴としては、これらの仕事をチームで遂行しますが、業務のプロセスで担当を分けることは行いません。したがって、所属する部署に関わらず、メディア運営におけるノウハウを全方位的に学びながら、あなたのビジネス総合力を養うことができる環境が当社にはあります。

また、経営陣の距離が非常に近いことも特徴の一つです。経営方針に即した、一気通貫のダイナミックなビジネス展開を体感できる環境であるといえるでしょう。

応募資格
2021年4月から2022年3月までに4年制大学、大学院を卒業・修了見込みの方
※学部・学科・専攻は問いません
仕事内容
□応募職種(1)
『東京カレンダー』の「編集職」です。『東京カレンダー』は独自の存在感で注目を浴び続けており、そのブランドが持つ影響力は日に日に増してきています。自身のアイデアを形にして世に発信し、市場の反応を感じながら日々新しいコンテンツを生み出していく、その充実感は何物にも代えがたいものがあります。

〈業務詳細〉
当社は、月刊誌、Web、動画など、幅広いコンテンツを手掛けており、「既視感のない独自性の高いコンテンツ」をそれぞれのチャネルごとに最適化した形でファンにお届けしています。

コンテンツに責任を持つ部署として編集部が位置づけられ、すべてのコンテンツに関わりながら総合的に企画・制作をしていくところに当社の編集職としての面白みがあります。また、クリエイティブながらも、ファクトに対する分析に基づいた科学的アプローチをとっており、感性のみならず、マーケティング的観点も磨かれる環境があります。

インターネットを中心に情報が氾濫する昨今、ターゲットに対し価値の高い情報を届けることは容易なことではありません。一次メディアとしての幅広いコンテンツ制作に関わる中で、今の時代に合った編集者としてのノウハウを当社で学んでみませんか?

・月刊誌コンテンツの企画・編集
・Webコンテンツの企画・編集
・動画コンテンツの企画・制作
・サービスと連動したコンテンツ各種の企画・制作

□応募職種(2)
『東京カレンダー』という急成長メディアを基盤とした、「営業職」です。マネタイズを自ら企画し、プロジェクトを推進する。「ゼロからイチを生み出す」やりがいにあふれたポジションです。

<業務詳細>
当社のビジネスは、月刊誌・Web・ユーザー向けサービスなど多岐にわたり、「メディア+サービス」の形で、今後も増え続けていきます。そのような環境下において、すべてのコンテンツを商材と捉え、時には組み合わせ、広告主や読者にとっての利益が最も大きくなる企画を考え、提案を行います。

当社営業職の特徴としては、広告主ごとの企画をオーダーメイドで考え、提案していくところにあります。メディアとして保有するフィールドや顧客資産を最大限活用し、東京カレンダーだからこそできる、立体的なプロモーションを実現していくことが本職種の醍醐味です。

また、広告施策にとどまらない、真の意味でのクライアントパートナーを目指し、「東京カレンダー」というブランドを用いた、クライアントとのビジネス開発にも積極的に取り組んでいます。

一つひとつの案件には企画から実行まで一気通貫で関与できます。一連の経験の中で、以下のような幅の広い仕事が体験できます。

・戦略立案、企画提案型のコンサルティング営業
・自社メディア広告枠の販売、マーケティング、プロモーション活動の企画立案と実施
・誘導・集客メニュー企画提案、企画開発
・アライアンスも含めたビジネスの企画開発
求める人物像
東京カレンダーでは、次のような方を求めています。
・『東京カレンダー』の世界観に興味がもてる方
・自らコンテンツやアイデアを考え、企画立案するのが好きな方
・相手が求めることによく気づく方
・自他ともに益のある提案ができる方
・自身で達成目標を掲げ、妥協なく邁進できる方
・チームワークを重視して働くことができる方
採用スケジュール
・会社説明会(5月28日(金)開催)

・書類選考

・1次選考(マネジャー、部長クラスとの面接)

・2次選考(担当役員、人事責任者との面接)

・内定
※場合によって、選考時期や選考フローが変更する可能性がありますので、ご了承ください
給与
編集職・営業職ともに月給25万円(基本月給209,200円:25時間分の固定残業代40,800円を含む。時間超過分については追加支給)
諸手当
通勤手当(全額支給)
賞与
なし ※会社業績により年度末に期末賞与が支給される場合があります
昇給
年1回(4月)
待遇・福利厚生・社内制度
福利厚生サービス加入
慶弔見舞金制度、育休・産休制度、介護休業制度、出産祝金制度 等
雇用形態
正社員
※試用期間:6カ月(条件面の変更はありません)
勤務地
東京都品川区
喫煙環境
屋内全面禁煙
勤務時間
フレックスタイム制(コアタイム:13:00~15:00/フレキシブルタイム:始業8:00~13:00、終業15:00~20:00)
※標準労働時間:8時間、一般的な就業時間:10:00~19:00
休日休暇
完全週休2日制(土・日)、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、特別休暇
保険
各種社会保険完備(健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金)
採用予定人数
編集職・営業職ともに若干名
直近3年事業年度の新卒採用者数の男女別人数
男性0人/女性1人 2018年度 
男性0人/女性2人 2019年度
平均勤続年数
3.3年(2021年4月30日時点)
研修の有無および内容

内容:OJT中心とした教育+グループ研修プログラム一部あり
前年度の育児休業所得対象者数・取得者数(男女別)
育児休業所得対象者数:2人
取得者数:男性0人/女性2人
役員に占める女性の割合および管理的地位にある者に占める女性の割合
40%
22年卒

■エントリー

応募方法
エントリーは終了しました。