株式会社TCD

株式会社TCD
ロゴ:株式会社TCD
業種:
広告・映像制作会社、広告会社、コンサルティング・マーケティング
勤務地:
兵庫県
得意分野:
プランニング、クリエイティブ
募集職種:
営業系、クリエイティブ系

チーフデザイナー 宮本真さん

現在の仕事を教えてください。

私が所属しているのは、東京クリエイティブ室のウェブ&プロモーションデザインセクションです。そこで企業や商材のブランディングにデザイナーとして関わっています。コンセプト提案も行いますし、ロゴやWebページなどのデザインを手がけるのも私の仕事です。直接クライアントからご相談いただく案件が多く、クライアントの顔を知った上で仕事ができるので、やりがいがあり楽しいです。

心がけていることは、大小どのような案件でも責任感を持って仕事に取り組むことです。責任感を持つことで、未経験の仕事であっても最後までやり通そうと努力しますし、自分の成長にも強く影響してくると思います。責任は押し付けられるものではなく、自ら掴み取っていくものです。無理をし過ぎると良くありませんがとても大切な気持ちだと思うので、いつもその言葉を胸に留め働いています。

また今後は、経済や経営の分野について勉強をしていきたいと思っています。それは、ブランディングがクライアントの事業の成功に深く関わってくるためです。お金の流れを理解することでクライアントの課題が見つけやすくなり、クライアントとの距離も縮めやすくなります。勉強は少し前から始めているのですが、自分のデザインの仕方も変わってきました。ビジネスを意識することで、デザインのなかに根拠をつくりやすくなった気がしています。これからも継続して、さらなるスキルアップを図っていきたいです。

10代後半から20代前半はなにをしていましたか?

10歳までアメリカで暮らしていたことやヒップホップカルチャーが好きなことが理由で、ニューヨークにある短期大学に進学しました。ビジュアルコミュニケーションという学科に所属し、そこではアドビ系ソフトの使い方などデザイン技術の基礎を学びました。デザイナーとしてキャリアをスタートさせたのもアメリカです。20歳で学校を卒業したのち、5年間フリーランスのデザイナーとして活動していました。その期間中で印象に残っているのは、観光本を1冊出版したことです。制作に関してはデザインだけでなく、取材先のアポイント調整からライティングまで全部自分で行いました。特にインタビューが大変だった記憶があります。いま当時を振り返ってみると、大変な思いをしてなにかをつくり上げた経験が、仕事に対するモチベーションを維持するために役立っているのだと思います。

TCDに入社を決めた理由はなんですか?

デザインを軸としたブランディングを得意としているからです。クライアントの業界が幅広く、なおかつ取引先に大手の企業が多いところも魅力的でした。いま私は入社して3年目になります。転職前は、不動産系の会社をクライアントに持つデザイン会社でチラシや販促ツールのデザインを担当していました。在籍10年という節目を迎え、「取り扱う商材の幅を広げたい」や「ブランディングに挑戦したい」といった成長欲が高まり転職を決意。TCDはそんな私のニーズにぴったり当てはまる会社で、採用していただきとてもうれしかったのを覚えています。

職場はどのような雰囲気ですか?

職場は穏やかで礼儀正しい社員が多く、誰もが気持ちよく働ける環境です。当社の会長が礼儀を重んじる考えを持っており、それが会社全体にも浸透しているのでしょう。経営陣のガバナンスもしっかりしており、会社の売り上げや利益は月に一度社員全員に共有され、経営にも透明性があります。社員一丸となって仕事をしている感覚が強く、それゆえ社員同士の人間関係はとても良好です。

また職場には「あの企業のロゴが変わりましたね」など、普段からデザインについての会話が飛び交っており、デザインが好きな社員が多い印象です。仕事にもデザインにも一生懸命なメンバーばかりと働けて、たくさんの刺激をもらっています。

とはいえ夜遅くまで残業することはありません。定時が近づくと上司から進んで帰り支度を始めてくれるので、部下である私も仕事が終われば気兼ねなく上がっています。メリハリがあるのもTCDの魅力です。コロナ禍の現在はリモートワークやオンライン会議を取り入れるなど、状況や時代の流れに応じた対応力も良いところだと思います。

どんな人と一緒に働きたいですか?

私は遠慮せずに自分の意見をぶつけてくれる人と働きたいです。意見を交わしながら一つの仕事を回していくことで、一人で考えるよりもアイデアが研磨されるからです。結果として良いクリエイティブが生まれれば、クライアントにとっても喜ばしいことだと思います。それは私の理想的な働き方であるし、自分自身の成長にもつながります。だからこそ、正直に思ったことは伝えてほしいです。その意見に根拠があればベストですが、まずは良い結果につながるよう前のめりに仕事に取り組むことで、現場から重宝されるデザイナーになれると思います。

学生へのメッセージをお願いします。

私はTCDに入社前、30歳くらいまでデザイナーとしては半人前で、毎日怒られる日々を過ごしていました。思い返してもつらい時期でしたが、デザインの仕事が好きだからここまで続けてこられたのだと思います。いまでは希望の職場に転職でき、素敵な仲間と刺激的な仕事に恵まれ、充実した毎日を送れています。だから、もし才能がないからとデザイナーになることを諦めようとしている人がいるなら、それはもったいないことだと思います。続けていると自然と技術は上達するものです。ぜひ、TCDの求人に応募してみてください。私たちと一緒に楽しみながらデザインの仕事を始めましょう!

創業/設立/沿革
1971年 山田崇雄デザイン事務所として始業
1977年 株式会社TCDに改組
代表者
代表取締役会長 山田崇雄
代表取締役社長 山崎晴司
本社・事業所
西日本:芦屋本社
兵庫県芦屋市春日町7-19
TCDビル

東日本:東京オフィス
東京都中央区銀座7丁目5-4
毛利ビル4・5F
従業員数
40人(2021年6月現在)
資本金
5,000万円
売上高
非公開
株式公開

戻る