未来をもっと面白く

なりたい自分をイメージし、実現できる会社を見つけよう/ワンゴジュウゴ デジタルコミュニケーション部 ディレクター 松崎睦さん

なりたい自分をイメージし、実現できる会社を見つけよう/ワンゴジュウゴ デジタルコミュニケーション部 ディレクター 松崎睦さん

創業当時から常にクライアントのニーズや業界の環境変化を読み解き、Webプロモーションを主軸に事業領域の拡大を続けるワンゴジュウゴ。大規模なプロモーションサイトやWebシステム・アプリ開発、 CMS(情報を簡単に公開/更新できるサービス)構築、人材サービスなど、手掛ける事業は多岐に渡ります。今回は、入社1年目のディレクターである松崎さんに、入社のきっかけや現在の業務についてお話いただきました。(マスナビ編集部)

写真:松崎睦さん
松崎睦さん株式会社ワンゴジュウゴ ディレクター
【 目次 】
入社のきっかけは?
現在の仕事内容は?
学生のみなさんへメッセージ

入社のきっかけは?

大学時代は法学部に所属し、主に憲法について学んでいました。就職活動の時期に入ると、周囲には公務員を目指す人が多かったですね。しかし、さまざまな企業の説明会に参加するうちに、最新技術を駆使して社会に貢献しているIT・Web系の企業に関心を持つようになりました。そのなかで、デジタルコンテンツ活用に強みを持つワンゴジュウゴに出会い、入社を決めました。

現在の仕事内容は?

現在はWebサイトの制作案件をメインに担当しています。はじめて一人でディレクションを任されたのは、とあるクライアントのコーポレートサイトのリニューアルでした。途中で制作方針の変更を繰り返され、悩んでしまうこともたくさんありましたが、苦労の末にサイトが公開されたときは、とても達成感がありましたね。

社内には明るくフランクな社員が多く、同期とも定期的に情報交換を行っています。上司や先輩方も、まだまだ未熟な私の意見にしっかりと耳を傾けてくれるので、コミュニケーションが取りやすい環境です。

2年目以降は、Webサイトの制作だけでなく、制作後の改善などを行う運用までを一貫して携わっています。クライアントと長くお付き合いできるよう、今後も挑戦していきたいと思っています。また、新入社員も入社することになると思うので、先輩として後輩育成にも関われたらいいですね。

学生のみなさんへメッセージ

就活時は、「誰よりもアピールしたもの勝ち!」とアドバイスされました。しかし、私は物事を俯瞰で見て、協調性を重視するタイプでしたね。

学生時代のアルバイトではシフトやタスクの管理を行ったり、プライベートでは旅のしおりをつくったりと、物事を整理してわかりやすくすることが好きでした。「前のめりになれ」といったアドバイスを真に受けずに、自分を見つめて選考に臨んでいました。

就職活動は大変かもしれませんが、自分をアピールすることばかりにとらわれず、リラックスして会社と向き合ってみてください。なかには就活がうまく行かずに、悩んでしまうこともあると思います。そんなときは、改めて「なりたい自分」をイメージし、そこに近づける会社を探してみるといいかもしれません。

一覧に戻る