未来をもっと面白く

【人事が集結!】初のオンライン開催! 広告大手4社が集結したインターン合同説明会<イベントレポート>

【人事が集結!】初のオンライン開催! 広告大手4社が集結したインターン合同説明会<イベントレポート>

電通・博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ・ADK・サイバーエージェントの4社が集結したインターンシップ合同説明会が、2020年7月2日に開催されました。

今回は、新型コロナウイルスの影響を考慮し、初のオンライン配信形式での実施となりました。手持ちのPC・スマートフォンなどを通して、全国から約2000名もの学生の皆さんにご参加いただきました。

本レポートでは、各企業の担当者にお話いただいた広告会社の基礎知識や自社の強み、インターンシップ情報などをまとめてお届けします。

写真:マスナビ編集部
マスナビ編集部
【 目次 】
株式会社電通
株式会社ADKホールディングス
株式会社サイバーエージェント
株式会社博報堂/株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

株式会社電通

【登壇者】
小柳 明子さん/キャリア・デザイン局 採用2部
瀬頭 絵真さん/キャリア・デザイン局 採用2部

▶会社概要
トップバッターを飾ったのは電通。同社の新卒採用におけるコンセプトは「電通を、つかえ。」です。企業に合わせるのではなく、主体的な自己実現の場として電通というフィールドを活用してほしいというメッセージが込められています。

電通は「アイデアでクライアントや世の中の課題を解決する会社」です。徹底的に生活者の視点に立ち、アイデアとクリエーティビティの力であらゆる課題を解決してきました。また最近では、広告という手段に関わらず「ビジネスを生む」会社として、クライアントと共に新たなソリューションビジネスを生み出しています。

▶求める人物像
そんな電通で働く社員のみなさんに共通しているのは、好奇心を大切にし、仕事を生み出していること。課題意識を持ち続け、解決の道を考え抜く「アイデア」、そして施策を具現化するために粘り強くやり遂げる「実現力」が重要な資質だとしています。

▶インターンシップ概要
電通では「スクール型」「プロジェクト型」「就業型」の3つのインターンシップが開催されます。

▷スクール型
・アイデアの学校2020(東京) ※7月27日(月)正午エントリー締切
電通で10年以上続くサマーインターンシップです。課題発見やアイデア発想、実現方法などについて、講義や実習を通じて体験できるものになっています。
・デザインサマースクール2020(オンライン) ※7月22日(水)正午エントリー締切
国内外で活躍するアートディレクターたちと共に学ぶデザインスクールです。既存のジャンルを超えたこれからのデザインについて考えます。今年はオンライン開催のため、全国から参加が可能となっています。
・電通クリエーティブ塾関西2020(大阪) ※募集締切
関西支社で行われているインターンシップです。関西のクリエイターが講師となり、各種オリエンテーションに対して企画・制作を体験することができます。

▷プロジェクト型
・電通ワカモンアイデア実現インターンシップ2020(オンライン中心) ※募集締切
「電通若者研究部(電通ワカモン)」が開催する、実践型インターンシップです。学生が自ら課題を持ち込み、先輩社員と取り組むなかで、アイデアが社会に反映される一連の工程をリアルに体験できるプログラムです。

▷就業型
・電通グループ DS/AIインターンシップ(オンライン中心) ※8月7日(金)正午エントリー締切
「データサイエンス/AI」をテーマに、実際のビジネス課題に取り組む、約2カ月間の就業形インターンシップです。広告という枠を超え、テクノロジーを活用したマーケティングの未来づくりを体験することができます。
・電通イノベーションイニシアティブ・サマーインターンシップ(東京) ※7月31日(金)正午エントリー締切
2020年より新設された、未来のビジネスをつくるインターンシップです。電通内のR&D(研究開発)組織に所属し、領域リサーチやビジネスプランの策定など、約2カ月間のなかで、事業アイデア実現に取り組んでいきます。

▶Q&A抜粋
Q:入社するためには、インターン参加が必須なの?
A:インターンへの参加実績は、選考時において関係ありません。

Q:他社との違いは?
A:世界規模のネットワークと、圧倒的な案件実績です。案件のなかには国際的スポーツイベントなど、クライアントの課題解決だけでなく、ひとつの「現象」を生み出す経験ができるのも特徴です。

Q:理系と文系の割合は?
A:2019年度の採用実績は、理系が3割、文系が7割となっていました。学部に関わらず、社内にはさまざまなバックグラウンドを持った人たちが活躍しています。

▶マスナビ編集部が追加取材
Q:学生から文系・理系の割合について質問が来ていましたが、理系学生も広告会社に向いているのでしょうか?
A:優秀な方が多い印象がありますね。理系の方々はメーカーの研究職を目指す方も多いかもしれませんが、ぜひ当社のことも知ってほしいですね。自身の研究分野の枠を越えて、研究で得た知見とアイデアを組み合わせて、新たな世界を創りだしている人が多数います。

Q:スクール型とプロジェクト型のインターンの違いについて改めて教えてください。
A:スクール型は「講義+演習」がプログラムの一つにあったりと、課題を解決するアイデアを考えることに重きを置いたプログラムです。一方でプロジェクト型は、アイデアの発案から実現するまでを体験するものです。企画した案を実際にクラウドファンディングに出品して、自分のアイデアに対する世の中からの評価が可視化されます。そして最終的にプロジェクト実現までを責任をもって遂行してもらいます。アイデアの実現までをよりリアルに体験できます。

Q:アイデアの学校の講師陣を教えてください。
A: CMプランナーの村田俊平、クリエーティブ・ディレクターの志村和広、コピーライター、プランナーの大津裕基を中心に、社内の多くのクリエイターが講師を務める予定です。

Q:コンサルや商社など他業種のインターンとの違いはなんでしょうか?
A:アイデアをつくるにも、新規事業をつくるにも、「人の心をどう動かすか」が起点になります。これはメソッドやフレームワークに落とし込めない。これを体感して学ぶことができるのが他社のインターンとの違いです。

株式会社ADKホールディングス

【登壇者】
岩城 風優さん/人事・新卒採用グループ

▶会社概要
ADKでは「Communication Business」という考えのもとに、クライアントと消費者をつなげるコミュニケーション・アイデアを提供しています。CMや展示、商品開発、ライブイベントなど、手法にとらわれない柔軟な発想から、クライアントを課題解決に導いてきました。

また、若手のうちから積極的にチャレンジできることも特徴です。実際に入社1年目からオリンピック関連のプロジェクトを率いる、広告賞を受賞するなど、若手から会社全体を突き上げるような社風です。

▶求める人物像
ADKには、「意志をカタチにするちから」を持った人材が集まっています。自らの強い想いを胸に行動を起こすことで、周囲の人々を巻き込みながら、どんなことも実現できるのです。また、社内には国籍や性別、趣味、価値観が異なる人材ばかり。互いの違いを尊重し合いながら、そこで生まれる化学反応を楽しむ姿勢が大切です。

▶インターンシップ概要
ADK Breakthrough Camp(一部オンライン形式で実施予定) ※8月6日(木)AM10:00 エントリー締切

●エントリー
↓選考
●Basic Internship(1dayお仕事体験)
↓選抜
●Premium Internship(5日間)

有名企業の商品開発や作品に携われる、超実戦型インターンシップです。まずはBasic Internshipへ参加し、選抜された学生はその後、Premium Internshipへ参加することができます。Premium Internshipでは、グループワークを通じて、リアルな広告会社を知り、本気になれる仲間との出会いを通して、大きく成長した自分と出会える5日間のプログラムが用意されています。

特徴1:クライアントが実際に来る!
ADKとの取引実績のある企業がスポンサーとして参加し、学生自らヒアリング、優勝チームもクライアントが直接評価し決定されます。リアルなコミュニケーションを通じて、ビジネスの世界観に入り込むことができます。

特徴2:アイデア次第で本当に実現する!
インターンシップ内で生まれたアイデアは、直接クライアントに届きます。なかにはインターン発のアイデアをベースに、実現に至った施策もあるようです。入社前から実績を持てる可能性も秘めているからこそ、「学生チーム」としてではなく、本物の「プロジェクト」として取り組むことで、仲間と一緒に働く喜びを一層感じられるでしょう。

特徴3:イケてる仲間から刺激がもらえる!
期間中は学生だけでなく、先輩社員もチームに加わり、共にワークを進めていきます。その他にも実力派クリエイターやコミュニケーションプランナーによる座学や、他グループとの交流、懇親会なども実施予定。本気でぶつかり合うなかで、かけがえない仲間との出会いやプロからの学びを得ることができます。

▶Q&A抜粋
Q:どんな企業が協賛しているの?
A:社名は公開できませんが、ADKと長く取引実績のある企業に協賛いただいています。

Q:PCスキルは必要?
A:PCスキルは不問です。ただし、プレゼン資料作成などでPCを使用する場合はあります。

Q:選考時に学歴フィルターはあるの?
A:学歴によって選考時に優劣が生まれることはありません。また国籍も不問ですので、留学生の方でもご参加いただけます。

▶マスナビ編集部が追加取材
Q:インターン参加の魅力は?
A:私は約10社の会社のインターンを受けましたが、そのなかのどれよりも実際の業務に近かったのがADKのインターンでした。実際に働いたときのイメージをつかむことができたからこそ、いままで知らなかった広告会社の魅力に気づくことができ、「絶対広告会社で働きたい」という意志も固くなりました。インターンの内容については皆さんもチェックしてみてください。

Q:理系出身の人たちはどのくらいいらっしゃるのでしょうか? また、どのような場面で理系の人たちは活躍していますか?
A:正確な数字ではないですが、理系と文系の比率は50:50で同じくらい在籍していると感じています。理系の人たちは、論理的な物事の組み立てや実験でのトライアンドエラーを経験している人が多くいると思います。それらの経験は、企画を考えるときやクライアントへのプレゼンにも、活かすことができる部分です。文理問わずに、自分のこれまでの経験を活かせる仕事がADKにはきっととあると思います。

株式会社サイバーエージェント

【登壇者】
寺脇 英雄さん/新卒採用人事 ビジネスコース マネージャー

▶会社概要
「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに躍進を続けるサイバーエージェントは、インターネットという軸をもとに「インターネット広告事業」「ゲーム事業」「メディア事業」の3つの領域を展開しています。2019年にはインターネット広告費が2兆円を突破し、テレビ広告費を初めて上回るなど、勢いあるインターネット広告市場においてNo.1の実績を持つ会社です。

近年はインターネット広告とAI領域を掛け合わせた事業にも取り組んでおり、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)や、新たなクリエイティブの創出に向けて動き出しています。

サイバーエージェントの大きな特徴は、約100社の子会社による「ベンチャー企業の集合体」が形成されていること。なかには新入社員や内定者が社長・取締役を務めるなど、ほかにはない大胆な若手抜擢を行っています。若手のうちから経営に関わる決断経験を積むことで、突き抜けたリーダーを数多く育成しています。

▶求める人物像
サイバーエージェントが求める人材は「素直で良い人」です。激しく変化するインターネット市場では、過去の正解を否定し、新たな正解を生み出していくことが大切です。能力の高さではなく、時代の動きに柔軟に対応しながら成長できる人が、最大限飛躍できる環境が提供されています。

▶インターンシップ概要
2022年度 選抜型インターンシップ DRAFT
サイバーエージェントは、選抜型のインターンシップ「DRAFT」を夏・冬で2度開催しています。1~3次選考を通過した方が、4次選考のインターンシップに参加することが可能です。また、今年度のインターンシップはオンライン形式で実施予定となっています。「DRAFT」は1st、2nd、Final の3つのステージに分かれており、それぞれ実施内容が異なります。

▷1stインターンシップ(1DAY)
サイバーエージェントの事業全体を理解できる1dayのインターンシップです。
実施予定:7月10日(金)、7月15日(水)、7月20日(月)、8月7日(金)、8月21日(金)、9月11日(金)以降も順次開催予定

▷2ndインターンシップ(2~3DAYS)
夏季・冬季で各5つのプログラムを実施。広告・経営・マネジメント・サービスプロデューサーなど、幅広いテーマで展開されます。詳細は順次リリース予定です。
※7月2日(木)時点で、夏季の2/5プログラムが終了しています。

▷Finalインターンシップ DRAFT
選考参加学生のうち、上位1%のみ参加できるインターンシップです。過去実績として、参加学生による事業案が実際に事業化に至ったケースもあり、圧倒的なリアリティのある内容となっています。

▶Q&A抜粋
Q:グループ会社の選考はどうなっているの?
A:グループ会社ごとの採用は行っていないため、サイバーエージェントの選考にご応募ください。

Q:PCスキルは必要なの?
A:PCスキル、プログラミングスキルが選考に影響することはありません。

Q:文系・理系の割合は?
A:文系6割、理系4割ほどの割合です。選考時に影響するものではありません。

▶マスナビ編集部が追加取材
Q:改めてインターンについて詳しく教えてください。
A:サイバーエージェントの新卒採用はインターンシップ(4次選考扱いのDRAFT)参加が必須となっています。チャンスは夏季と冬季の2シーズンです。冬季は夏季の募集締切後に公開予定のため、現在は夏季の参加をお待ちしております。またDRAFTは、1st、2nd、Finalから構成される選抜型のインターンシップで、ファイナルの選抜合宿で起案されたアイデアが事業化・子会社化した実績もあります。他社と比べても圧倒的にリアリティを感じられるインターンシップです。

Q:冬季に再チャレンジすることはできるのでしょうか?
A:例えば、夏季選考の1~3次面接でご縁がなかった人は、冬季選考に再チャレンジいただけます。しかし夏季選考の4次選考(インターンシップ)まで参加し、不合格になった方は、冬季選考に再チャレンジすることはできません。

Q:説明会で動画(https://www.youtube.com/watch?v=G97E_MQhXhQ)を見せていただきましたが、現在募集中のクリエイター採用で携わることができるのでしょうか?
A:現在募集しているクリエイター採用は、イラストや動画を制作するクリエイターのことを指します。それとは別に広告クリエイター採用を今後募集予定で、こちらのコースで採用した方々は、案件次第では動画でお見せしたような仕事に関わる可能性もあります。

株式会社博報堂/株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

【登壇者】
小林 由佳さん/人事局 人事部
秋葉 遼太さん/人事局 人事部

▶会社概要
博報堂/博報堂DYメディアパートナーズの採用コンセプトは「心を動かすことから、すべてが始まる。」です。マーケティングによって課題を解決する博報堂、メディアやコンテンツの価値最大化に取り組む博報堂DYメディアパートナーズが、適性に合わせて合同で採用活動を展開しています。

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズの経営理念は「生活者発想」「パートナー主義」です。生活者の暮らしをまるごと観察するなかで消費行動の背景を見極めることで、訴求力ある施策実施につながっています。また、自社だけの利益ではなく、クライアントや媒体社と長期的なパートナーとして、共に発展していくことを前提として課題解決を行っています。

また、マーケティングのトップランナーとして、生活者発想を進化させた「生活者ドリブンマーケティング」を展開。生活者の意識データと行動データを組み合わせたプラットフォームを構築し、データを最大限に駆使したマーケティング施策を実践しています。

▶求める人物像
広告会社の仕事には、チーム単位でたくさんの職種が関わります。博報堂/MPでは「粒ぞろいよりも粒ちがい」という共通意識を持ち、多様な個性による掛け算が、大きな成果をもたらしています。

そのため、特定のスキルではなく、自らの個性を大事にできる人材が求められます。大小に関わらず個性を磨き、社会でどう活用できるかを考えておくことが大切です。

▶インターンシップ概要
▷HAKUHODO BRAIN CIRCUIT
広告の枠にとらわれず、世の中を動かすブレイクスルーを生み出すことを目指した、コース別体験型インターンシップです。2020年より新たなプログラムも加わり、計5つのコースを用意。オンライン・オフラインを組み合わせた実施を予定しています。

1. Business Leadership Circuit
2. Media Design Circuit
3. Marketing Intelligence Circuit
4. Creative Idea Circuit
5. Design Innovation Circuit ※1.~4.との併願不可、ポートフォリオ提出必須

<スケジュール>
・プレエントリー締切:7月21日(火)
・本エントリー締切 :7月30日(木)
・書類選考 合否連絡 :8月11日(火)予定
・面接       :8月17日(月)~26日(水)

<実施日程>
・9月3日(木):全体プログラム
・9月4日(金)、9月10日(木):コース別プログラム
・9月11日(金)、9月18日(金):グループワーク、プレゼンテーション、フィードバック

▷HAKUHODO DATA SCIENCE CAMP
2019年冬季に新設された、データサイエンティストなど、データを活用したビジネスを目指す方を対象としたインターンシップです。実際に社内のデータを使用するなど、実践的な研究開発やビジネス施策に携わることができます。

1. 研究・開発・エンジニアコース
2. マーケティング・ビジネスコース

<スケジュール>
・Coming Soon

<実施日程>
・9月上旬~下旬を予定しています。

▶Q&A抜粋
Q:他社との違いは?
A:経営理念である「生活者発想」と「パートナー主義」を基にした事業展開、そして「粒ぞろいよりも粒ちがい」という多様な個性を受け入れる土壌があることが大きな特徴です。

Q:どんな学歴の社員が多いの?
A:特定の学歴を持つ人が多いということはなく、海外留学やサークル運営、なかにはDJ経験など、いろんなバックグラウンドをもつ人材が集まっています。

Q:クリエイティブ職は美大出身でないと無理?
A:美大出身者でなくとも、クリエイティブ職で活躍している方は大勢います。興味があれば積極的にチャレンジしてください。

▶マスナビ編集部が後日追加取材
Q:HAKUHODO BRAIN CIRCUITには5つのコースがあるが、それぞれに推奨とされる学部などはあるのか?
A:いいえ、どのコースにも推奨学部は設けていないため、すべて自由に選び応募していただきたいと思っています。このインターンでは、5つのコースそれぞれの志望度を10段階に分けて応募していただきます。その志望度とそのほかの応募書類などをもとに選考し、応募者の皆さまそれぞれにコースを紹介していく形を取らせていただく予定です。

Q:インターンの講師陣について教えてください。
A:それぞれのコースごとに経験できる職種を想定しており、実際に博報堂でその仕事をしている人たちが講師を務める予定です。

今回参加した企業のうち、電通・博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ・サイバーエージェントの配信内容は、マスナビ会員ページよりアーカイブ動画をご覧いただくことが可能です。詳細が気になる方、見逃してしまった方は、下記URLからチェックしてみてください。

●〈アーカイブ閲覧可〉電通・博報堂・サイバーエージェント インターンシップ合同説明会
【URL】https://www.massnavi.com/information/2015379.html

一覧に戻る