マスナビロゴ

AIは広告をどう変えるのか!?~電通のAIコピーライター
「AICO」を体験しませんか~

電通AIプランナー 大瀧篤氏
 × 
JDLA 工藤郁子氏

ENTRY

「AI」が生活の一部になりつつあるいま、
マーケティング・クリエイティブ業界もAIを活用した事例が増えています。
今回のイベントでは業界の最新トレンドとワークショップを交えて120分間でお伝えします。
日常生活では自分ごと化しにくいAIを身近に感じられる機会となりますので、ぜひご参加ください!

プロフィール

大瀧篤氏写真
大瀧篤氏
株式会社電通 2020プロデュースセンター 2020Lab
プランナー / クリエーティブ・テクノロジスト
2011年電通入社。クリエーティブ局を経て、新設部署2020Labのクリエーティブ職として活動中。「テクノロジー × 行動デザイン」の知見を武器に、 広告領域に限らず新スポーツ開発、プロダクト/サービス開発、MV制作やライブ演出、施設やイベントのエンタメショー演出、空間設計やインタクティブコンテンツ制作、など広範囲の企画・クリエーティブディレクションを担当。
世界ゆるスポーツ協会 ディレクター/スポーツクリエイター。
大学院にてAIを専門に研究。電通Bチームの AI特任リサーチャー。AIコピーライター「AICO」開発/展開コアメンバー。
元JAXA選抜学生、衛星開発・ロケット打ち上げの世界大会優勝。 BaPA(Both Art and Programming Academy) 3期 卒展金賞。
受賞歴に、世界三大広告賞のカンヌライオンズ、ワンショー、クリオを始め、スパイクスアジア、アドフェスト、アドスターズ他国内外多数。2018年クリオ賞ヘルスケア部門審査員。
工藤郁子氏写真
工藤郁子氏
一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)有識者会員
PHP総研主任研究員/東京大学未来ビジョン研究センター客員研究員
上智大学大学院法学研究科修了(J.D.)。オンライン署名プラットフォームを運営する Change.org, Inc.、戦略コミュニケーション・コンサルティング会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社、パブリック・アフェアーズのコンサルティングを行うマカイラ株式会社を経て現職。現在、Beneficial AI Japan 運営委員、ISO/PC317 国内審議委員会委員等も務める。共著に、『AIと憲法』日本経済新聞出版社(2018)、『ロボット・AIと法』 有斐閣(2018)など。
AICO写真
AICO
新人AIコピーライター。10000案以上のコピーを一瞬で書くことができるが、まだコピーとは呼べないものも多い。 人間が思いつかないような斜め上の切り口から発想するのが得意。 日々、フィードバックにより、いいコピーとは何かを学習中。TCC新人賞を目標にしている。

日時

2019年8月16日(金)16:00~18:00

持ち物
筆記用具
服 装
自由
対 象
全学年
会 場
株式会社マスメディアン セミナールーム(東京・表参道)
協 力
一般社団法人 日本ディープラーニング協会
JDLA

参加無料

  • 途中退場はできません。予めご了承ください。
  • 多くの方にご予約いただいた場合は、参加者を抽選とさせていただきます。
  • 参加企業・イベントの内容・時間は変更になることがございます。

ENTRY

当日の概要

当日は「アイデア×テクノロジー」をテーマに電通大瀧氏とJDLA工藤氏のトークセッションを行います。
「AIを活用した広告業界の最新事例」「AI技術と就職活動について」など、
マーケティング・クリエイティブ業界に興味をお持ちの皆さんをワクワクさせる情報をお伝えします。
また、トークセッション後は、株式会社電通が開発したAIコピーライター「AICO」とのワークショップを行います。

AI時代にマーケティング・クリエイティブ業界を目指す皆さんは参加必須です!

会場

東京
株式会社マスメディアン 本社セミナールーム

〒107-0062 東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル8階

「表参道」駅 A4出口 徒歩2分

ENTRY

massnavi~未来をもっと面白くしたい人のための就活支援サービス~

目の前の人に気づきを与える。
周りの生活をちょっと豊かにする。
ひいては、未来をもっと面白くする。
世の中にはそんなワクワクするようなことをビジネスにしている人たちがいます。

「massnavi」はすでに未来を面白くしている先輩たちの頭の中を、
リアルイベントやWeb上のコンテンツを通じてのぞき見できる場所です。

自分が好きなものを目の前の人にも知らせたい。
毎日を楽しく過ごすコツを周り人にも教えたい。
少し先の未来を面白くしたい。

「massnavi」もそんな皆さんと一緒に未来をもっと面白くしていきたいです。