未来をもっと面白く

株式会社オリコム(ORICOM CO., LTD.)

株式会社オリコム(ORICOM CO., LTD.)

ロゴ:株式会社オリコム(ORICOM CO., LTD.)
業種:
広告会社
勤務地:
東京都
得意分野:
テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、Web・デジタル、SP、イベント、PR、屋外・ディスプレイ、プランニング、プロデュース、クリエイティブ
募集職種:
営業系、マーケティング系、クリエイティブ系、エンジニア系、その他
メッセージ
戸来 紗希子さん
営業本部 第二営業局 第一営業部
メッセージ
瀧 智之さん
統合プランニング本部 コミュニケーションデザイン局 クリエイティブプランニング二部

■何をやっているのか

独立系の総合広告会社として、フラットな視点からクライアントのコミュニケーション課題を解決します。

「マーケティングリサーチ・プランニング」「デジタルソリューション」「クリエイティブ」「メディア」「交通広告」「セールスプロモーション」「PR・パブリシティ」など、クライアントのニーズに応えて幅広く対応。

部署ごとに独立した活動をするのではなく、少数精鋭のチームを編成。決まったパッケージをセールスするのではなく、クライアントにとって何がベストであるかを追求。クライアントのコミュニケーション課題を解決するためのプランの提示・実行が、私たちの役割であると考えています。

クライアント課題を解決するために、個々人が持てる力を発揮し、そのために自分が課題の解決に貢献できると思えば、部門横断的に自ら動くことも可能です。

例えば、営業職がメディアのプランニングをおこなったり、クリエイティブプランを考える。デジタルメディアの部門が、イベントの企画を考える、など。

周囲の先輩や上司、また協業するチームにおける仕事の中で、自分がやりたいことは何か、何が出来るのかを理解し、各々キャリアを広げています。

また、OJT(on the job training)以外の場でも、ロジカルシンキングやファシリテーションといったスキルを身に着ける研修を実施。個々の能力開発を行っています。

■これまでの実績

時代のニーズにあわせたコミュニケーションを常に意識し、クライアントのビジネスに貢献しています。

創業者である斎藤岩次郎が、東京銀座で新聞折込広告を日本初の新事業として立ち上げたのが、1922年。

さらにその後、現在の交通広告の原型となるビジネスモデルを開発するなど、ベンチャー精神旺盛な企業として成長し、2022年には創業100周年を迎えます。

交通広告をはじめ、時代の変化にあわせて新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、屋外ビジョンやインターネット広告など、クライアントのその先にいる生活者に届けるためのコミュニケーション手段を常に持ちあわせ、クライアントのニーズに応え続けています。

最近では「おでかけ沿線ターゲティングon SNS」「子どもの年齢ターゲティングon SNS」など、オリコムがこれまで培ってきた豊富なマーケティングデータと最新技術、クロスデバイスマッチングを活用した、新たなアプリ内広告、SNSへの広告配信サービスも開発。

これは、日本最大級のファミリー向けおでかけ情報サイトである「いこーよ」を閲覧するパパママの閲覧履歴を分析し、子供の年齢や検討しているおでかけ先の沿線でカテゴライズ。配信先は、パパママ世代が 主に利用する SNS(Twitter 、 Facebook 、 Instagram 、 LINE) とし、多くのタッチポイントを形成しています。

また、生活者のその時々の心理に合わせた広告クリエイティブを開発。生活者のインサイトを捉えた表現を通して、クライアントのブランド価値を高めます。詳しくは、当社ニュースリリース等をご参照ください。

https://www.oricom.co.jp/topics/index.html

■今後のビジョン

デジタルテクノロジーをキャッチアップし、強みのOOHを組み合わせたソリューションを展開しています。

交通広告をはじめとするアウトオブホームメディアを強みとするオリコムは、改めて、生活者の「移動」を捉えるコミュニケーションに着目。

生活者はつねに動いています。家を出て学校へ、職場へ、そして街へ。学び、働き、遊ぶ。そして再び家へ。さまざまな交通機関を利用し、モバイルツールを使い、街中の情報を浴び、さまざまな店舗や施設を訪れることで、日々さまざまなモノ・コトと出会い、体験し、共有しています。

このように生活者の日常の行動を「移動」という視点で捉えることで、多種多様なコミュニケーションのチャンスが埋め込まれています。

新たな媒体開発や、デジタルマーケティングを駆使した新ビジネスなど、これからも自由な発想でチャレンジし続けていきます。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、交通広告など、既存のメディアがデジタルと連携し、今後さらに多様なメディア接点がデジタル化することで、データで計測可能になっていく社会において、移動する生活者の行動も「見える化」していきます。

今まで出来なかったコミュニケーション手法によって、ビジネスチャンスが生まれていくと考えています。

会社概要
■コミュニケーション・プランニング
社会や生活者の動きを洞察し、クライアントのビジネスに貢献するためのコミュニケーション戦略・企画の立案

■クリエィティブ・プランニング
ターゲットを動かすためのあらゆる接点での表現開発・制作

■プロモーション・プランニング
イベント、展示会の企画・実施、ノベルティ等のツール開発、プレス発表会、PRイベント等PR活動の企画・実施

■メディア
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、交通、OOHメディア、インターネット広告媒体の確保・管理・実施

■インタラクティブ・ソリューション
各種インタラクティブプロモーションの企画・実施、デジタルマーケティングに関するコンサルティング
創業/設立/沿革
設立日:1932年(昭和7年)11月
※創業日:1922(大正11)年4月8日
代表者
大塚 尚司
本社・事業所
東京本社/大阪支社/名古屋支社/福岡支社/札幌支社
関連企業
株式会社オリコミサービス/オリコミビルジング株式会社
従業員数
239名(2019年4月1日現在)
平均年齢
41.6歳
資本金
1億6500万円
売上高
240億円(2018年度)  グループ連結業績436億円(2018年度)

アピール1

職種にとらわれず、発案者がリーダーシップを取る、ベンチャー精神をDNAに持つ、ワンストップ発想。

オリコムでは、時として、クリエイティブ職がクライアントの窓口として営業的な動きをおこなったり、営業職がクリエイティブ業務をおこなうことがあります。

職種や部門の垣根にとらわれず、「この企画をやりたい!」と発案した者がリーダーとなり、事業戦略を練り、チームをつくり、リードしていくのです。

フラットな視点から自由に提案できるのは、何かの資本系列に属さない、独立系の総合広告会社ならではの特権。創業時から受け継がれているベンチャー精神が、DNAに組み込まれている、とも言えます。

アピール2

お互いの個性、強みがわかるのは、顔の見える関係性だからこそ。トップダウンではなく、ボトムアップ型の組織環境。

お互いの顔と名前が一致する社員数の規模感を大切にしています。趣味や特技はもとより、これまでの実績、コミュニケーション業務における強みなど、日常の会話を通してお互いのポートフォリオをインプットしています。

また、それぞれの可能性を自ら広げようとする人を応援し、そのチャレンジをバックアップしようという雰囲気がごく自然にできています。

新規プロジェクトの多くは、トップダウン型ではなく、ボトムアップ型。新入社員が立案した企画を先輩社員がサポートする、という風景、オリコムにとって「当たり前」です。

マスナビコンサルタントから一言
創業100周年に向けて歩み続ける、国内有数の歴史ある総合広告会社です。
創業者である斎藤岩次郎が新聞折込広告を日本で始めて事業化したのが1922(大正11)年、その後現在の交通広告の原型となるビジネスモデルを形作り、OOHメディアに独自の強みを持つユニークな総合広告会社として発展しました。常に時代を先読みしながら、既存にない新しいコミュニケーションビジネスを生み出す先駆者精神は、現在においても社員一人ひとりに受け継がれています。また、独立資本のフルサービス・アドバタイジング・エージェンシーとして数多くの経験と実績を有し、クライアントの業績に貢献できるビジネスパートナーとして、コミュニケーションのすべての領域で質の高いサービスを提供しています。さらに、それぞれの専門領域でリーダーシップを発揮するグループ2社が有機的に結合し、グループパワーを高めています。テレビやラジオ、新聞、雑誌といったマス広告はもちろん、OOHメディアにWebを組み合わせた、リアルとデジタルを行き来するコミュニケーションの設計を得意としています。

■【1dayインターン】広告会社の企画プロセスを体験!

日程
2020年02月04日(火) 10:00 ~ 17:00
定員
30 人
応募期間
2019年12月26日(木) 15:00 ~ 2020年01月31日(金) 12:00

詳細を確認する

詳しく見る

ログインをしてからボタンを押してください
新規会員登録の方はこちら ⟩⟩