未来をもっと面白く

〈アーカイブ閲覧可〉【第5回 JDLA×マスナビ特別講座】AIをたくらむ・あやつる人が覚えておきたい哲学 / 協力:一般社団法人 日本ディープラーニング協会

JDLA協力・マスナビ特別講座がアーカイブ化!

自動運転、危険予知、需要予想、画像処理、データ分析、マーケティング…。すべての仕事にAIが活用されている昨今。

AI時代に、文系学生の自分は職を失わないだろうか? キャリアアップするにはどうすればよいか? さまざまな不安が渦巻いていると思います。しかし実は、AIをつくるAIエンジニアだけでなく、AIを使いこなすAIジェネラリストが今後ますます求められているのです。

AIは理系キーワードだと思っている学生、今ひとつAIがピンとこない学生のための特別講義を日本ディープラーニング協会(JDLA)とタッグを組んで開講します。特別講座第5回は、PHP総研主任研究員 工藤郁子さんにご登壇いただき、AIをたくらむ、あやつる人が持つべき倫理観について、お話いただきます。オンラインで全国どこからでも視聴可能。ぜひご覧ください。

ENTRY

登壇者プロフィール

FumikoKudo-200x247.jpg

大阪大学社会技術共創研究センター招へい教員 工藤郁子さん

上智大学大学院法学研究科修了(J.D.)。オンライン署名プラットフォームを運営する Change.org, Inc.、戦略コミュニケーション・コンサルティング会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社、パブリック・アフェアーズのコンサルティングを行うマカイラ株式会社を経て現職。現在、東京大学未来ビジョン研究センター客員研究員、一般社団法人日本ディープラーニング協会有識者会員、Beneficial AI Japan 運営委員等も務める。

ENTRY

講義内容

●人とは?知能とは?
●暴走した事例
●リスクマネジメント
●AIプランナー・AIデザイナーが持つべき倫理観

ENTRY

協力

HorizontalLogo_full_multicolor.png
一般社団法人 日本ディープラーニング協会(JDLA)

日本ディープラーニング協会は、ディープラーニングを事業の核とする企業が中心となり、ディープラーニング技術を日本の産業競争力につなげていこうという意図のもとに設立されたものです。

2012年ごろから急速に進展してきたディープラーニング技術は、画像認識や音声認識等で大きな性能の飛躍を遂げています。機械にさまざまな状況が「見える」ようになるため、ものづくりとも相性がよく、また、さまざまな労働力不足の問題を解決する可能性があるなど、日本全体にとって大きなチャンスがある領域です。諸外国もディープラーニングに関する取り組みを急速に進めています。日本がグローバルに戦える体制を整えていくには、早期に「ディープラーニング産業」を拡大する取り組みが必要であり、同協会が推進しています。

ENTRY

参加方法

このイベントは【オンライン】で開催されます。

お手元にPCまたはスマートフォンがありましたら、全国どこからでも視聴可能です。
イベントにエントリーした後に、マスナビマイページ上からアーカイブ動画を閲覧することができます。

■詳細情報

会場
オンライン
持ち物
パソコン、スマートフォン
服装
自由
参加費用
無料
講師
大阪大学社会技術共創研究センター招へい教員 工藤郁子さん
留意点
予約完了メール(開催日程:2021年10月31日(日)23:00 ~ 23:59)が送付されますが、いつでもマイページから閲覧可能です。

■申し込み方法

日程
2021年10月31日(日) 23:00 ~ 23:59
定員
1000 人
応募期間
2020年08月24日(月) 00:00 ~ 2021年10月31日(日) 22:59
参加者決定方法
【先着順】定員になり次第、締め切らせていただきます。

お申し込み

ログインをしてからお申し込み下さい
新規会員登録の方はこちら ⟩⟩