未来をもっと面白く

「ふわっとしたまま進むってことも大事」“好き”を潰さず自分の小さな軸を大切に/電通 高橋鴻介さん

「ふわっとしたまま進むってことも大事」“好き”を潰さず自分の小さな軸を大切に/電通 高橋鴻介さん

コミュニケーションデザイナー(発明家)という肩書で、新しい点字を開発。新しいアイデアやコンセプトを考えながら、どんなデザインにすれば社会的課題を解決できるのかを探る日々。若手クリエイターとして一躍脚光を浴びている電通の高橋鴻介さん。「新しい社会の捉え方を 新しいスタンダードに」という思いで取り組む、これからの仕事についてお聞きしました。

写真:高橋鴻介さん
高橋鴻介さん株式会社電通
1993年12月生まれ。東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部卒。
企業でプランナーとして働くかたわら、発明家としても活動中。プロダクトデザインを主な活動領域とし、ペットボトルのキャップ部分をネジとして再活用するプロジェクト「CAPNUT」や、墨字と点字を重ね合わせた書体「Braille Neue」など、日常に浸透した文脈を応用し「あたらしい普通」となるデザインを模索している。
【 目次 】
社会との接点を探すなかで「Braille Neue(ブレイルノイエ)」を開発
社会を広告の視点から考えるのが面白い
学生時代に「心を動かしワクワクする楽しさ」が芽生えた
「デザインって何のためにある?」を考える中で広告業界を志望
新しいコンセプトを世の中に表明していきたい
今後も新しい社会の捉え方。“新しい普通”をつくりたい。

社会との接点を探すなかで「Braille Neue(ブレイルノイエ)」を開発

――高橋さんが開発された新しい点字「Braille Neue(ブレイルノイエ)」を拝見しました。第6回JAAA若手大賞受賞もおめでとうございます。開発のきっかけは何でしたか?


ありがとうございます。点字開発のきっかけは、ある施設に訪問した際に点字を発見し「これは面白い。どうしたら読めるようになるのかな?」と思ったのがきっかけです。視覚障がい者とのコミュニケーションは、まず文字の壁がある。そこから社会に何が必要かを考え、プロジェクトを広げていきました。


――着眼点からの展開が素晴らしいですね。以前から社会課題を意識されていましたか?


大学時代に取り組んでいた課題が、社会課題であることが多かったので、その影響が大きいのかもしれません。僕がデザインをするときは、ゆるく社会的な接点を考えるようにしています。何か企画を提案する際も、意識している点です。ただ、社会貢献をしたいというのが軸ではなく、わりと好奇心ベースです。たとえば「英語が通じれば楽しいはずなのに・・」という思いがあれば言葉のバリアを無くしたい。妄想みたいに、自由にアイデアを考えています(笑)。

社会を広告の視点から考えるのが面白い

――今のお仕事は主にどんなことを?


「コミュニケーションデザイナー(発明家)」として、 マスメディア(新聞、雑誌等)以外のデジタル部門の企画です。現在のプロジェクトでは、展示会での体験設計やロボット製作をはじめ、飲料や化粧品などのコピーライティングまで取り組んでいます。


――プロジェクトは課題ありきで進めるのですか?


そうですね。ふわっとした課題をクライアントさんからいただき、一緒に考えながらそれに応じて日々のプロジェクトを進めています。たとえば、「未来の車って、どういう形だと思いますか?」といった課題が多い。僕たちの仕事は企画(アイデア)の軸(コンセプト)を作ることなので、アウトプットが幅広くできて面白いです。


――日々アイデア出しを?


会社の先輩から教えてもらった「1日1個アイデアを書き留める」という習慣が身についています。僕がしんどかった時期に「何かあったらその場ですぐ相談してくれればいいよ。それより何か面白いことに時間を使おうぜ。つらいときは自分の好きなアイデアを考えて息抜きしてみて」と先輩は助言してくれて、本当に救われました。

新しい点字の開発も、この習慣が身についていたからこそ成功につながった。いわば「息抜き発明」です。自分の好きなところだけ突き詰めた先に何かあるのものだと―。


――アイデアを気軽にシェアできる環境も良いですね。


うちの会社が独特なのかもしれないですが、企画会議に全然関係のないおまけ要素のアイデアを持っていったりもします。気軽にアイデアを持ち寄る社内の風潮が定着している良い環境だと感じています。

学生時代に「心を動かしワクワクする楽しさ」が芽生えた

――学生時代から企画や開発を?


高校時代はエンジニアリングを学んでいました。手でモノをつくるのが好きだったので、ロボット製作やグラフィックデザイン、動画なども作っていました。あるとき、情報の授業でCMをつくる機会があり、進めるうちに「人をワクワクさせるっておもしろい!」という思いが芽生えていることに気が付きました。それがきっかけで大学ではデザインを学びたいと思うようになりました。


――大学ではデザインを専攻されていたのでしょうか?


大学時代は研究室に入り、先輩のもとでロボット開発のプロジェクトに携わっていたこともありました。一方で、アカペラのサークルにも所属。当時ハモネプブームで、音楽活動をしながら舞台のパンフレット制作などグラフィックデザインや、空間デザインにも取り組んでいました。さまざまなモノづくりを経験するなかで、「つくることも好きだけど、つくる指標となるモノ(コンセプト)を探すのが好き」と気付いたターニングポイントでした。

「デザインって何のためにある?」を考える中で広告業界を志望

――学生時代に「コンセプト探しが好き」と気付けたのは大きな出来事でしたね。


そうですね。個人的に装飾が多いデザインはあまり好きではなくて・・「デザインって何のためにある?」という明確な理由が、あるのとないのでは違うと思う。大学2年生の頃、日本を代表するクリエイティブディレクターである佐藤可士和さんの授業に出席したんですね。

防災がテーマの13回しかない授業で、毎回ずっとコンセプト作り。「いつになったらモノづくりができるんだ?」と思っていたのですが、10回目で「あ、いいんじゃない」と、やっと言ってもらえました。そこからはもう、あっという間にモノづくりが進みました。「完成したときに一言でスッと伝わる。これがコンセプトなのか!」とハッとさせられました。しっかりと軸(コンセプト)が作れると、モノづくりもスムーズに進んだ。自分のデザインが見えた気がしました。


――そこで、広告業界を目指そうと?


大学でプロダクトやグラフィックのデザインをやっていたので、メーカーのデザイナーになろうと。ただ、メーカーだと出口が決まっている。その環境でモノづくりするのは、僕のやりたいイメージとは違うなと感じ、あまりしっくりこなかったんです。広告業界は目的を決めずにアウトプットが多岐に渡ってできる。社会との接点が多い業界だと感じ、徐々に方向性が見えてきました。

新しいコンセプトを世の中に表明していきたい

――入社後、色々と経験されてどういったことが面白いと感じますか?


広告はただ物を売るためではなく、企業のブランドイメージや社会的課題に気付いて、しっかりとバランスを考えるところが面白いです。特に僕の部署は出口が決まっていないアウトプットが真正面から提案できるのでプロジェクトに関わっていて楽しいです。就活時期はデザイナーになりたかったので悩みましたが、社会へ発する視点をもつデザインが好きだったので、広告業界で仕事に携わらせてもらっている今が幸せです。


――今までのお仕事の中で一番心に残っているプロジェクトは?


会社の先輩がやっている “ゆるスポーツ”というプロジェクトを一緒にやったことですね。「スポーツの苦手な人と得意な人が対等に戦えるあたらしいスポーツを作ろう」というコンセプトのプロジェクトなのですが、その中で同期と一緒に「くつしたまいれ」というくつ下を丸めて玉入れをするお手伝いスポーツをつくりました。

このスポーツが面白いのは、探すのは子どもが早く、たたむのは大人が早いということ。大人と子どもが対等に戦えるんです。ルールを変えると壁がなくなることを学び、共感も得られました。

今後も新しい社会の捉え方。“新しい普通”をつくりたい。

――今後のビジョンは?


まずは今のプロジェクトを継続していきたいです。2020年に東京オリンピックを控え、世界の方々に点字のプロジェクトも見てもらえる機会なので、今後も頑張っていきたい。長期的ビジョンでは、僕は、新しい社会の見方をつくりたいんです。新しい普通、みたいなモノをつくりたい―。

たとえば、フォークのような誰が作ったかわからないモノだけど、生活が豊かになるモノ。いつか自分で「世の中を前に進めていく“新しい普通”」を発明して、何十年先にも残していけたらいいなと思っています。


—可能性が無限ですね。


大きい夢を持っていたほうがいいですよね。
ガチガチに軸を持っているより、ゆるい軸でふわっとしてたほうが自由に飛べる。可能性を広げていれば、方向性は徐々に定まってくるものかと―。


――好きなことが見つからない、周りからの意見や批判で一歩踏み込めない学生へ一言を。


人と違うから、周りに発言しにくいことってけっこうありますよね。でもそれはとても重要で、人と違うところを押し出すほうが強みになる。弱みは強みとして、自分なりのルールや方法を考えるといいかもしれません。たとえば、今からサッカー選手になりたいとしても無謀ですが、新しいサッカーのやり方を考えるほうが近道。努力する方向をどうやって転換するか。周りからの批判も“新しい発見”と受け取って、もっと楽観的に考えて良い。他の人と違うのはそれだけで価値。「バカにされて、笑ってもらえるくらいが、キャッチーでいい」と僕は思っています。
 

――長い時間お付き合いいただきまして、ありがとうございました。最後にメッセージを。


「集団」から「個」へ、という世の中の風潮がありますが、僕は企業に所属してよかった。うちの会社はプロジェクトベースでメンバーが変わるので、人との関わりが多く、それぞれの仕事の進め方や視点の違いなどがあり、新しい発見や刺激があるのは大きいです。他人を知らないとわからないこともたくさんある。“働き方のロールモデルを探す”ことで、色んな人と触れ合って、「ここら辺かな?」と自分が進む道が見えてくると思う。

でも、新入社員時代は“好き”なのに、仕事につながらないギャップを感じました。周りに合わせないとうまくいかないこともありますが、バランスをとりながら自分の軸はしっかりと持っておくのも大切です。そうこうしているうちに、“好き”を仕事に転換する方法が見えて楽観的に取り組めるようになります。

“好き”を潰さず、自分の小さな軸をたくさん持つのは重要です。
小さい軸に気付いて、どういう共通点があるのかな?とゆるい軸を探していけば、きっと“好き”がつながっていくのではないかな。

一覧に戻る