未来をもっと面白く

学生時代から培ってきた「自己発信力」を発揮。クリエイティブにとどまらない、幅広いコミュニケーション領域で活躍。

学生時代から培ってきた「自己発信力」を発揮。クリエイティブにとどまらない、幅広いコミュニケーション領域で活躍。

株式会社オリコム/コピーライター 瀧 智之さん

初の配属先は、クリエイティブではなく、インターネット広告のメディアバイイング担当として、タイアップの提案から広告の運用調整まで、さまざまな仕事を経験。

2年目の秋に転局試験を受けて、希望していたクリエイティブ職となった瀧さんに、それぞれの仕事の大変さや楽しさについて、お話を伺いました。

写真:瀧 智之さん
瀧 智之さん株式会社オリコム
コピーライター
【 目次 】
現在のお仕事内容は?
今の仕事をしたいと思ったきっかけは?
就活で苦労した点は?
仕事のやりがい、魅力は?
学生にメッセージ

現在のお仕事内容は?

肩書はコピーライターですが、クリエイティブ関連の業務全般を請け負っています。

CM制作やプロモーション企画、制作進行管理など幅広く携わっています。

今の仕事をしたいと思ったきっかけは?

昔から「自分が発信したものに対して反応がある」ことが、一貫して嬉しいんです。

小学生の頃は、毎日連絡帳に一日のできごとを書いていたのですが、本来なら「●●くんと遊んだ」と書くところを、すごい適当なキャラクターをつくって、小説まがいな殺人事件に仕立てて書いてたんですよ。

そしたら、それに対して先生が、赤ペンで「彼らはこのあとどうなったんですか?」とコメントしてくれたのが嬉しくて、ますます張りきって続きを書いてました。あとは、自分で作った校内新聞に描いた劇画タッチの絵に対して「おもしろいね」とか「ちょっと気持ちが悪い」といった反応があると、それが楽しくて、次はもっとすごいのを描こうってモチベーションになってたんです。

文章や絵だけではなく、校内放送もやったりしてましたね。お昼の時間にコメントをつけてリクエスト曲を紹介したりすると「さっきの放送、おもしろかったよ」と言ってもらえたりして、自分のアウトプットに対する反応が新鮮でおもしろいなと。

何か言ったら反応があるし、言わなければ何もない。それは、広告も同じですよね。

TVコマーシャルが話題になって、クラスメイトが真似をする様子をみたりして、「誰かがつくったものに反応がある」というのは自分が楽しんでることと同じだなと感じていたので、就職について考え始めた大学1年の終わり頃には、広告業界1本に絞れてたと思います。

就活で苦労した点は?

広告業界に絞った時期は早かったのですが、就活ではけっこう苦労しました。

当時は「広告業界に入りたい=クリエイティブになりたい」という思いが強すぎて、自分を一辺倒な売り方しかしていなかったんです。

自分を商品・サービスとしたときに、「クリエイティブをやりたいです」という面しか出していなかった。今だったら、もっと自分の違う面を売り込むべきだったなと反省しています。だって、企業が総合職を探して採用活動をしているのに、「これしかやりたくない」なんて面倒な1コマじゃないですか(笑)。

たとえば、自分の場合だと留学先の語学学校で知り合った方が手掛けるインターンシップビジネスの手伝いをしたことで、英語力とビジネスの現場の両方を垣間見れたとか。そういう話をすることで、もっと採用してもらえるチャンスもあったのかもなと。

ところが、そのなかで、オリコムだけは、「こんなクリエイティブをやりたい」というまっすぐな気持ちを受けとめてくれて、「こういうやり方をすればできるよ」と具体的なアドバイスをくれたり、背中を押してくれたんです。

この会社に入れば、いろいろやりたいことがちゃんとできるかもしれないな、という印象を持ちました。

仕事のやりがい、魅力は?

最初の配属先は、クリエイティブではなく、インターネット広告のメディアバイイングを担当する部署でした。

うちのデジタルはプランニングの裁量も大きいので、タイアップの提案から広告の運用調整まで、さまざまな仕事をやらせてもらいました。2年目の秋に転局試験を受けて、希望していたクリエイティブ職に。

デジタルのときは、量をどれだけ効率的に裁くかというのが課題でしたが、今は、量やスピードよりも質。質を高めるために上限はないので、たまにちょっとキツいな、と思うこともありますが、やはり楽しいです。

企画を考えるときは、それが世の中に出たあとの反応を想像しながら考えるので、ワクワクしますよね。社内ブレストで企画案を提案するときは、正攻法だけでなく、少しシニカルな視点を加えたアイデアをあえて盛り込むようにしています。なぜなら、課題となっている商品・サービスの魅力を突き詰めて考えていくと、単に「いいね」だけでは済まされない。

「なぜ、こういうふうにしたんだろう?」といった疑問も湧き上がってくる。

だから、あえて問いかけることで、打合せを盛り上げたいなと。小さなことですが楽しいですし、自分がそこに参加している意味があるのかなと思うので。また、それを「瀧くんっぽいね」と言われる、やっぱりちょっと嬉しい(笑)。子どものころから変わらず、反応があると嬉しい生き物なんだとつくづく思います。

学生にメッセージ

OB訪問を受けたとき、学生のみなさんには「広告業界は、飽き性の人には向いていると思う」と伝えています。

たぶん、私がメーカーに就職していたら、仕事が続けられなかったと思うんです。同じ商品をずっと深堀り続けることは、やりがいはもちろんあると思うのですが、どうも自分の性に合わないなと。

この業界は、金融業界からお菓子や化粧品など、得意先、仕事によって課題が毎回異なるので、そのたびに調べたり、知らなかった世界を知るきっかけをいただける。飽き性でいろいろなことにチャレンジをしてみたいという人にはおすすめな業界だと思います。

また、やりたい気持ちを伝えるためには「自己発信力」が必要なのかなと思います。

自分の考えや思いをきちんと言語化して周りに伝えないと、チャンスも巡ってこない。ク

リエイティブ領域では、感覚的な部分が多いので、自分はこれがいいと思っても、先輩や同僚がそうは思わないこともあります。それでも、バランス見ながら、根気強く話してみる。そんな根気強さも学生時代から意識しておくといいかもしれないですね。

一覧に戻る