未来をもっと面白く

自分の言葉でアピールすること、それが就活も仕事も成功の鍵/日本経済社 営業職 宮田匠さん

自分の言葉でアピールすること、それが就活も仕事も成功の鍵/日本経済社 営業職 宮田匠さん

日本経済新聞社やテレビ東京といった日経グループ唯一の総合広告会社で、グループ各社とともにさまざまなプロジェクトやプロモーションを展開している日本経済社。宮田さんは、広告業界の裾野の広さに惹かれ、同社に入社を決めました。営業として活躍するいまでも、就活中から心がけていた「自らの熱意を相手に伝えるための工夫」を忘れることはないそうです。

ご自身の現在のお仕事内容とともに、就活を乗り切るための秘訣を教えていただきました。(マスナビ編集部)

写真:宮田匠さん
宮田匠さん株式会社日本経済社 営業職
【 目次 】
なぜ広告業界を志望したのか?
実際に入社して
いままでで一番印象的なお仕事は?
学生のみなさんにメッセージ

なぜ広告業界を志望したのか?

学生時代に映画の自主制作をしていたこともあり、はじめは映画配給会社や制作会社への就職を考えていました。

しかし、就活をしているうちに、金融関係や印刷会社などさまざまな仕事に魅力を感じるようになって、なかなか業界を絞ることができませんでした。

あらゆることに興味があり、どの仕事もいいなと思う自分の性格。適した仕事はなんだろうかと悩んでいた矢先、広告会社の仕事を知りました。広告会社は業務の特性上、数多くの業界と関わります。「広告業界に入ればなんでもできる」と考え、志望するようになりました。

実際に入社して

さまざまな業界に関わるきっかけをつくりたいと考え、営業職を希望しました。

1年目の夏頃から、自分で新規クライアント開拓のテレアポをし始めました。もちろん先輩のサポートを受けつつではありますが、新規営業は個人の裁量に任されているため、モチベーションアップにもつながりました。いまでも時間を見つけては、新規のクライアントを開拓することを心がけています。

2年目には、先輩が担当していた案件を引き継いで独り立ち。プロモーションツールの制作現場や、撮影の立ち合いも経験しました。自分が携わったプロモーションのポスターが出来上がったときは、やはり嬉しかったですね。

いままでで一番印象的なお仕事は?

私がテレアポをした新規クライアントから、大きな案件を受注できたことです。初めのアプローチでクライアントの持つ課題を聞き出せたことが、弊社の案を採用していただけた要因だったと考えています。自らが開拓したクライアントの長期プロモーションに携わった経験は、大きな自信になりました。

3年目を迎える今、仕事の幅が広がるにつれて、地方出張も増えてきました。出張先のサウナで仕事の疲れを癒すことが最近の楽しみです(笑)。

学生のみなさんにメッセージ

私は就活中、OB・OG訪問や紹介などで何十人もの先輩に会いました。就活の経験者である先輩たちの成功体験をヒアリングし、自分の立場に置き換えて考え、自分の言葉で語ることができるように心がけました。

エントリーシートを書くときは、できる限りの工夫をすることも大切です。私は書類選考を、企業に対するアピール合戦だと捉えていました。いかに目立つかを考えて作成し、自由欄にはびっしりと「自分がやりたいこと」「成し遂げたいこと」を記入。自分自身の個性を知り、企業に対する熱意をアピールすることで入社につながるはずです。

一覧に戻る