未来をもっと面白く

幼い頃から変わらないものは、誰かに興味のきっかけを与える人になりたいという思い/AIAD 営業本部 黒川愛さん

幼い頃から変わらないものは、誰かに興味のきっかけを与える人になりたいという思い/AIAD 営業本部 黒川愛さん

ファッション領域に特化したマーケティング会社、AIAD。営業として社内外の調整役を担う黒川さんは、アパレルブランドやコスメブランドの案件に携わり、日々業務をこなしています。業界や広告のあり方に日々変化を感じているそうですが、黒川さんご自身には、幼少期から変わらないある目標があるそうです。幼い頃から憧れだったという広告業界でのお仕事と今後の目標について、お話を伺いました。(マスナビ編集部)

写真:黒川愛さん
黒川愛さん株式会社AIAD 営業本部
【 目次 】
入社のきっかけは?
現在のお仕事は?
学生のみなさんにメッセージ

入社のきっかけは?

テレビ局に勤める伯父の影響で、子どもの頃からマスコミ・広告業界に入りたいと憧れがあり、新卒で広告会社に就職しました。幼少期からテレビっ子でしたから、テレビ番組やテレビCMも「いつも興味のきっかけをくれるもの」と身近に感じていました。

その後デザイン事務所を経て、広告とデザイン事務所、どちらの経験も活かせる仕事がしたいと思い、当社に入社を決めました。ファッションとデザインには通じるところもあるので楽しいです。

現在のお仕事は?

営業本部に配属され、現在はアパレルブランドのリブランディング支援やラグジュアリーブランドのコスメ新規事業の立ち上げに携わっています。営業は社内外の調整役ですから、事業の方向性、スケジュールや予算の管理、各部門の進行・管理などを幅広く担当します。もちろん大変なときもありますが、自分が提案した企画が採用されることもあり、営業としてやりがいを感じる場面もたくさんあります。

学生のみなさんにメッセージ

広告業界は常に変化していく業界です。数年前と比べても、広告のあり方や広告会社のあり方も変化していると感じています。媒体を売るだけの業界ではありません。「どうしたらクライアントのためになるのか」を考えることが好きな方は、この業界に向いていると思います。

私も営業としての守備範囲を広げ、クライアントの課題解決のためには何ができるのかをしっかり考えたいです。そして、媒体の枠を超えて、人材やシステムを交えた幅広い提案ができる人になりたいと思っています。

また、幼少期に「あのお菓子美味しそう」「あそこに行ってみたい」と興味をかき立てられたように、私も広告で誰かに興味のきっかけを与えられる人になりたいです。

一覧に戻る