クリエイティブコミュニケイションズ株式会社レマン

クリエイティブコミュニケイションズ株式会社レマン
ロゴ:クリエイティブコミュニケイションズ株式会社レマン
業種:
広告・映像制作会社
勤務地:
東京都
得意分野:
雑誌、新聞、Web・デジタル、SP、プランニング、プロデュース、クリエイティブ、その他
募集職種:
営業系、クリエイティブ系

デザイナー 安藤冴祐さん

デザイナーを志望したきっかけは?

高校時代、美術の先生から「絵の世界に入ったら」とアドバイスされたことがきっかけです。そこで、美大を進学先として検討しはじめました。大学を選ぶにあたり、美大出身者がどのような仕事に就いているのかを美術の先生に聞きました。教員や美術館の館長という選択肢もありましたが、広告業界のグラフィックデザイナーに興味を持ちました。それは、自分でデザインした制作物で、ブランドのイメージを印象づけたり、購買意欲を喚起したり、人の心を動かす仕事に魅力を感じたからです。そこで大学は、広告業界への就職率が一番高い多摩美術大学のグラフィックデザイン学科を選択。デザインの基本はもちろん、広告のための発想力を鍛える授業や、適切な表現方法を選ぶ授業なども学びました。

大学選びの段階から、就職するなら広告業界だとぼんやりと考えていましたが、明確に志望したいと思ったきっかけがあります。当時から車が好きだったため車を購入しようと考え、さまざまな車種のカタログを見ていたときでした。そのなかのひとつのカタログがとてもかっこよく、ふとこのようなカタログを自分もデザインしたいと思ったのです。そのとき、このようなカタログをつくっているのは広告会社であり、自分の今いる学科ならこの仕事に就くことが可能であると気づき、強く広告業界に入りたいと思いました。

入社の決め手は?

広告業界を志望していたので、興味のある業種のクライアントがあるかどうかを軸に置き、企業を探しました。主に車やバイク関係のデザインをしている企業ですね。興味をもった広告やカタログをどの企業が制作しているのか調べ、応募しました。

実は、私が広告業界を志望するきっかけになったカタログをつくっていたのがCCレマンです。最初に自分が惹かれ、この業界を目指したいときっかけになったカタログをつくっている会社だったので、もちろん第一志望です。私のように心を揺さぶられるような作品を自分もつくりたいという気持ちが大きかったですね。

現在はどのような部署で仕事をしていますか?

車のカタログがきっかけでこの業界で働きたいと思ったので、就職活動時に使っていたポートフォリオも車関連の作品に寄せて制作していました。そのため、選考の段階から車関係の部署を希望していました。現在、希望通り車の仕事に携わらせてもらえています。私の部署はひとつの案件に対して少なければ4~5人、多くて10人近くのチームで動きます。先輩方は皆さん、「考えていることを積極的に発言しなよ」と後押ししてくれます。年次に関わらず意見を言いやすい雰囲気がありますね。

印象的なお仕事は?

一つ目は、初めて企画段階から納品まで関わることができた案件です。ホンダ フリードがフルモデルチェンジするにあたり、カタログを制作しました。先輩がメインで私はサポートとして担当しましたが、ただ指示されて動くだけではなく、「今この作業だから次はこの作業だ」と自分の考えを持ちながら業務を進められたと感じています。また、販売店で用いられるのぼりやDMのデザインなども制作しました。1年目から多くの人の目に触れられるものを制作できたことも含めて印象に残っています。

二つ目は、入社のきっかけとなった車のカタログの案件。夢と言ったら大げさかもしれませんが、担当するのが第一の目標だったので、関わらせてもらえてとてもうれしかったです。ちょうど現在進行中の、フルモデルチェンジのためのカタログ制作に携わっています。メイン担当の先輩方は別にいらっしゃるのですが、大きな役割を担わせてもらっています。まだプロジェクトは始まったばかりなのですが、自分にとって大きな仕事になると思います。後悔がないように全力でやり遂げたいですね。

やりがいを感じた瞬間は、自分の案やイラストを採用していただきリニューアルした販促物のおかげで業績が伸びたよとお客さまからメールをもらえたときです。自分のデザインで人の心を惹き、行動を変えたいと思ってグラフィックデザイナーを目指しました。それがかなえられたと思える瞬間で達成感がありました。

学生のみなさんへメッセージ

素直な方に入社していただきたいです。例えば、間違えたときやわからないことがあったときに、自らアドバイスを求めるコミュニケーションが取れる方ですね。自分だけで抱えて悩んで解決しようとするのではなく、頼る。人と人との関わりが大事な仕事だと、社会人になってから特に感じています。

自分は「車が好き」という入口があり、それがデザインの仕事につながる経験をしました。一見仕事に関係ないように感じるかもしれませんが、意味がないものはありません。将来や仕事のためと思わず、なんでもやりたいと思ったことを素直にやってみることも大切だと思います。固くなりすぎず、日常の中でいろいろ学んでいってほしい。学生だと挑戦できる時間がたくさんあると思うので、ぜひいろいろなことを経験してください!

創業/設立/沿革
1978年9月創業
代表者
代表取締役社長 大橋清一
本社・事業所
東京都渋谷区渋谷1-19-25 エスタ渋谷ビル
関連企業
株式会社ディーブリッジ
従業員数
89人(2022年9月現在)
平均年齢
40.3歳(2022年9月現在)
資本金
4,800万円
売上高
非公開
株式公開有無

戻る