未来をもっと面白く

株式会社ジェイアンドティプランニング

株式会社ジェイアンドティプランニング

ロゴ:株式会社ジェイアンドティプランニング
業種:
PR会社
勤務地:
東京都
得意分野:
PR
募集職種:
営業系、マーケティング系

コミュニケーションデザイン部 アシスタントメディア・ストラテジスト 四ツ橋佑真さん

現在2社目ということですが転職のきっかけとお仕事について教えてください。

現在、食品会社のPRを主に担当しています。

僕は2018年1月に中途入社し、まもなく満2年です。1社目は2014年入社。前は、人材紹介会社に勤務し広告営業職でした。3年9ヶ月勤務して転職。転職のきっかけは、前社の上司が今の会社へ先に転職されていて、お誘いを受けました。

前の会社より成長できる環境ですし、まだ2年ですが自分自身成長を感じています。社会人歴は5年目です。

人材を扱う仕事から企業のPRに転じて仕事のモチベーションに変化はありましたか?

前社は求人広告の営業で、3~4年位たつと大体クライアントも決まってきて決まったものを取り続けるルーティーン化におもしろみを感じられなくなって。

今は、クライアントも違えば、年間通して取り組むPRも違い、日々違うので大変なこともありますが、飽きないです。ずっと同じことをやっていてこれでいいのかな?というストレスはないですね。

大学時代の就活はどのような感じでしたか?

長崎県立大学経済学部流通経営学科を卒業しました。

社会人になるタイミングで上京。就活は長崎でやりながら。当時、長崎に東京の会社が説明会に来ることは100%なくて。福岡まで説明会に行って、選考が進むと東京へ・・・となるので、東京へ行くために就職先を探していました。

今振り返ればなかなか大変でした。

今のお仕事で、どんなことが一番難しいですか?

簡単ではないですね。ひとつプランを考えるのもそうですし、考えたプランがうまくいくかどうかもわからない。うまくいかなければ調整しなければならないし、どういうふうにしたらうまくいくんだろう?など、日々考え続けなければならず、やったら終わりではない。

クライアントの商品が本当に売れるのか?考え続けないとならないのが難しさですが、反面そこがおもしろい点でもあります。新商品よりもロングラン商品の情報のネタ作りをしてメディアに取り上げてもらう仕事です。

具体的にお聞きしますが、現在はどんなクライアントで、どのようなお仕事を?

飲料メーカーと、もやしを扱っている地方にある生鮮の会社です。アシスタントとして関わっているのは飲料メーカー内のスープ事業も。

役割としては大きく分けて2つあります。ひとつは、新聞とwebメディアを中心としたメディアプロモート活動。もう一つはアカウント業務。メディアもやりつつアカウント担当としてPRプランの設計、プロジェクト管理なども対応しています。

これまでの仕事の中で一番印象的なお仕事を教えてください。

日経MJの一面露出を獲得できたことです。

この媒体は一般の方よりもアメリカのマーケ担当者や、テレビのディレクターなどが情報としてチェックしている特別な媒体です。メディア露出がダイレクトにクライアントの商品につながるという成功事例となりました。

会社概要
■事業内容
ヘルスケア、食品分野を中心とした企業のマーケティング
コンサルティング、 コミュニケーションサービスを提供
創業/設立/沿革
1996年創業
代表者
市川純子
本社・事業所
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル4階 
従業員数
25名(2019年1月20日現在)
平均年齢
32歳
資本金
10,000,000円
売上高
非公開
株式公開 有無

関連会社
健康、栄養の研究ラボ 一般財団法人日本ニュートリケア・ヘルスケア研究所

戻る