株式会社インフォバーン

[業種]
インターネット広告会社(メディア)
[勤務地]
東京都
[得意分野]
Web・デジタル/イベント/プランニング/プロデュース/クリエイティブ
[募集職種]
プランニング系コピー系デザイン系Web系

人と企業をメディアでつなぎ、コミュニケーションの新しい形をつくる

今でこそデジタルマーケティングを得意としている私たちですが、元々は編集のプロが集まる出版事業から始まった企業です。創業以来、一貫して変わらないこと。それは時代に最適な形に変化させながら、企業が「伝えたいメッセージ」をユーザーに「伝わるコンテンツ」に変えて届けてきたことです。

そもそもインフォバーン(INFOBAHN)という社名は、「INFORMATION」(情報)という英語と「BAHN」(道)というドイツ語の組み合わせで「情報の道」という意味。「情報の道」に良質なコンテンツをのせて、人と企業のコミュニケーションを活性化させていくこと。それが、私たちのミッションなのです。

いま、当社の事業の中心は、企業とユーザーのコミュニケーションにまつわる課題解決を行うソリューション事業と、グループ会社が運営する「ギズモード・ジャパン」や「ライフハッカー[日本版]」といった自社メディアと多数の提携メディアを活用した、メディア広告代理事業です。

インフォバーンは、化粧品、消費財、小売、IT・通信、マスメディア、教育などその他数多くの有名大手クライアント企業のデジタルマーケティング戦略立案、設計・構築から運用までに携わっています。若手1年目でも、先輩にフォローしてもらいながらクライアント企業に担当者として直接対応することも珍しくありません。もちろんその分感じるプレッシャーもありますが、どんどんチャンスを取りに行きたい人には、やりがいもあり気持ちよく成長していける環境です。

マーケティング、編集、プロモーション、それぞれの領域のスペシャリストたちと一緒に、新しいコミュニケーションの形をつくりませんか。

社内イメージ1社内イメージ2社内イメージ3

ユーザー視点に立つことでビジネスとイノベーションを加速させる

いま、私たちの周りはモノやサービスであふれ、それぞれのライフスタイルに合わせてモノや情報を自ら選択する時代です。そうしたなかで、企業が良いブランドを生み出しても、その魅力を伝えることは簡単なことではありません。

だからこそ、ユーザー視点で有益な情報とその情報が届く手段を丁寧に設計する。そして企業とユーザーのよりよいコミュニケーションをつくりだすことが私たちに求められているのです。

また、ユーザー視点で伝わるコンテンツを届けることを追求してきた考え方やノウハウを活かして、最近ではユーザーエクスペリエンス(UX)を起点とした企業の商品・サービスのイノベーション支援などにも力を入れています。

代表・小林弘人は業界で注目される「ITメディアの仕掛け人」

代表取締役CVO(チーフビジョナリーオフィサー)としてインフォバーンを牽引しているのは、「ITメディアの仕掛け人」として知られる小林弘人。IT業界の最新トレンドを発信する『WIRED』日本版を創刊したことでも知られており、時代を先取るテクノロジーに対する感度の高さは業界内でも注目されています。

著作も多く、近著では『新世紀メディア論』(バジリコ)、『メディア化する企業はなぜ強いのか?』(技術評論社)など。また監修・解説を手掛けた本としては『フリー』『シェア』『パブリック』(NHK出版)など多数あり、『フリー』は19万部のベストセラーになりました。

自らジャーナリストとして、故・スティーブ・ジョブズやジェームズ・ダイソンといった時代の寵児にインタビューするなど、ビジネスをつくっていく先見の明や洞察力から学ぶことがたくさんあります。

自由でカジュアルな、社内の雰囲気

カジュアルな雰囲気で、若手とベテラン社員のバランスがよい組織です。気分転換にフリースペースで仕事をしたり、音楽を聞きながらソファで話したり休憩したりするなど、開放感のあるオフィス環境です。経験や年齢に関係なくチャンスがあり、自分である程度の裁量を持って働いています。

会社も社員のキャリアアップやリフレッシュを支援しています。たとえば通常の価格の半額で毎週、社内でマンツーマンの英会話レッスンが受けられます。社内部活動もあり、フットサル、バスケットボール、料理、DJ、ボードゲームといった部活動が活動中。オンオフを切り替えて自分の趣味も楽しむ人が多いです。

トレンドに敏感になり、日々新しい情報や体験に触れていくことも仕事の引き出しになります。社員の雰囲気は、社員インタビューから感じてください。

会社概要

私たちは大きくわけて以下のような事業を展開しています。

【デジタルマーケティング戦略設計】
企業のデジタルマーケティング戦略を提案、実行します。

【メディア構築・運営支援】
企業独自のメディア「オウンドメディア」の企画、構築、運営までを一括で支援します。

【オープン・イノベーション支援/プロダクトサービス開発支援】
UX視点でサービスや商品のあり方を企業と一緒に見直し、試作品の開発や
企業の外部ネットワークづくりの支援などを行います。

【メディアプランニング・メディア広告代理販売】
メディアジーンの自社広告と他社のメディア広告を組み合わせ、
ブランド企業のメッセージを多くのユーザーに届けます。

創業・設立・沿革
2016年
2月 研究開発組織「IDL」(INFOBAHN DESIGN LABO.)を設立
2015年
9月 デジタルマーケティング戦略情報メディア『DIGIDAY[日本版]』ローンチ
7月 インフォバーングループが持株会社制に移行
2014年
11月 コンテンツ制作からディストリビューションまでを一括で行うサービス「BrandTalk」開始
7月 ネイティブアド(*)を活用した「コンテンツディストリビューション」サービス開始
2013年
11月 本社オフィス移転
8月 「ライターズシンジケーション WRITES(ライツ)」発足
2012年
9月 カフェグローブのWebソリューション事業を譲受
7月 インフォバーンKYOTO 増床移転
2011年
6月 京都支社「インフォバーンKYOTO」開設
2010年
8月 本社オフィス移転
2008年
4月 株式会社メディアジーンに「MYLOHAS」および「ギズモード・ジャパン」を譲渡
2月 グループ会社 株式会社メディアジーンを設立
2007年
12月 出版事業を事業譲渡
2006年
12月 プライバシー・マーク取得
7月 「ギズモード・ジャパン」立ち上げ(2008年にメディアジーンに譲渡)
2月 Web版「MYLOHAS」をリニューアル創刊(2008年にメディアジーンに譲渡)
2004年
10月 雑誌「MYLOHAS」刊行
2003年
11月 本社オフィス移転
4月 メディア・ソリューション事業体制確立
2002年
8月 書籍出版を開始
1999年
5月 Webメディアのソリューション事業を開始
1998年
10月 株式会社インフォバーン設立
カスタム・マガジンのソリューション事業を開始
出版事業を開始

*ネイティブアド…掲載面のコンテンツ内容やデザインと広告を自然に溶け込ませ、“ユーザーにコンテンツの一部として広告を見てもらう”ことを目的とした広告。
代表者
代表取締役 CEO 今田素子、代表取締役 CVO 小林弘人
本社・事業所
東京本社
〒150-0044 東京都渋谷区円山町23番2号 アレトゥーサ渋谷

インフォバーンKYOTO
〒604-8101 京都府京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル10F
関連企業
株式会社インフォバーングループ本社、株式会社メディアジーン
従業員数
134名(内アルバイト11名) ※2017年1月1日現在
平均年齢
33.2歳
資本金
5,000万円(資本準備金5,000万円) ※2017年1月1日現在
売上高
非公開
株式公開